貞松 成 プロフィール

1981年長崎県生。早稲田大学大学院政治学研究科修了。学生時代に少子高齢化という人口問題を知り、高齢者による保育が理想的であると考え、2007年に株式会社global bridgeを設立し、千葉県にて無認可保育所(のちに認可保育所へ転換)を開園。

2008年にデイサービス(通所介護)を開所し、2010年には、通所介護と事業所内保育(両立支援)を組み合わせた介護と保育の融合事業を考案し「かいほの家」としてリリースするも事業所内保育制度が事業仕分け制度により事実上廃止となる。

2014年には、NTT東日本と提携し、保育園運営管理システムであるChild Care Systemをリリースし、ICT事業を開始。同年、障害児(者)事業を開始し、認可保育所や通所介護施設との複合施設を開始。 2015年に株式会社global bridgeを分社化し、株式会社global bridge HOLDINGSを持株会社として、直営福祉施設を運営する株式会社global bridgeとICT事業を行う株式会社social solutionsの2社体制とした。

2017年には、群馬大学と共同研究し、群馬県太田市と産官学の連携により、保育ロボットVEVOの開発に着手した。同年、東京証券取引所に上場(6557)。

著書に『小規模保育のつくりかた』(あっぷる出版)、『世代間交流施設の挑戦』(あっぷる出版)

経歴

2007年(平成19年)
株式会社global bridge 代表取締役 就任
2013年(平成25年)
墨田区子ども•子育て会議委員 就任
2015年(平成27年)
株式会社global bridge HOLDINGS、株式会社social solutions代表取締役 就任

受賞歴

2013年(平成25年度)
公益社団法人日本青年会議所 人間力大賞 受賞
2013年(平成25年度)
東京商工会議所奨励賞 受賞
2013年(平成25年度)
一般社団法人日本経営士会 ビジネス•イノベーション•アワード2013 受賞
2013年(平成25年度)
東京商工会議所奨励賞 受賞
2014年(平成26年度)
第9回 ニッポン新事業創出大賞 受賞