当グループ、石塚 康志によるオピニオンレポート「手のひらの感覚器官としての重要性が示唆する保育実践における触感覚利用の将来性」をアップしました。

「手のひらの感覚器官としての重要性が示唆する保育実践における触感覚利用の将来性」

ベンフィールドの図から読み取れる、手のひらの感覚器官の重要性と身体接触の多い保育現場での触感覚利用について言及しています。

次回は7月8日(月)に掲載予定です。


お問合せ先

企業名:株式会社global bridge HOLDINGS
部 署:広報PRチーム
担 当:土屋、新倉
T E L :03-6284-1607
F A X :03-6284-1608
E-mail:koho@globalbridge-hd.com
Twitter:https://twitter.com/globalbridgeCo
Instagram:https://www.instagram.com/gbhd_/

 

 

オピニオンレポート , お知らせ