FujiSankei Businessi.に「待機児童と保育士不足に挑む」「ロボなどICT活用で働き方改革」というタイトルで貞松成社長のインタビュー記事が掲載されました。


貞松社長は先月、フジサンケイビジネスアイ社長である鶴田東洋彦氏の特集記事「リーダーの視点」の取材を受けました。ICT(情報通信技術)を活用して働き方改革の推進を改めて明言。「強みはテクノロジー。前例がないなら自分で創る」と語り、待機児童と保育士不足という課題解決に挑む姿勢を強調しました。

記事の詳細は以下からご覧下さい。

【フジサンケイビジネスアイ 「待機児童と保育士不足解消に挑む」「ロボなどICT活用で働き方改革」(3月2日)】

https://www.sankeibiz.jp/business/news/200302/bsm2003020500013-n1.htm