当グループ、石塚 康志によるオピニオンレポート『3歳未満児と3歳以上児の領域「言葉」の保育内容の違いが示唆する現在のコミュニケーションAIの限界』をアップしました。

AIを、子どもの育ちを支援する保育に活用することの意義や、それを活かすポイントはどこかということを検証するうえで必要なことについて記載しています。

3歳未満児と3歳以上児の領域「言葉」の保育内容の違いが示唆する現在のコミュニケーションAIの限界

次回は2020年4月6日(月)に掲載予定です。


お問合せ先

企業名:株式会社global bridge HOLDINGS
部 署:広報室
T E L :03-6284-1607
F A X :03-6284-1608
E-mail:koho@globalbridge-hd.com
Twitter:https://twitter.com/globalbridgeCo
Instagram:https://www.instagram.com/gbhd_/