あい・あい保育園東池袋園にて、このたび、高際副区長をはじめとする豊島区職員による「CCS SENSOR」の視察と園の様子の見学が、新型コロナウイルス感染防止策を講じた上で行われました。「CCS SENSOR」とは、当社運営のあい・あい保育園が導入している午睡チェックセンサーシステムです。お昼寝中の乳児のおむつに取り付けるクリップ型の小さなセンサーで、うつ伏せ寝の検知や午睡チェック表の自動記録、皮膚温度や呼吸に伴う体動数を検知し、そのデータをCCS PROに自動集約。園児の安全を見守っています。

詳しくは以下からご覧ください。

https://globalbridge-hd.com/cms/pr_blog/higasiikebukuro_sensor/