当グループ、石塚康志によるオピニオンレポート『学習科学における学習プロセスの知見が示唆する保育士の園内ミーティングでの相互学習の意義 』をアップしました。

人が賢くなる仕組みにおいて、「建設的相互作用」の有効性を解説。そこから派生する「知識構成型ジグソー法」という学習法の有効性と今後の応用について見解を述べています。

詳細は以下よりご覧ください。

学習科学における学習プロセスの知見が示唆する保育士の園内ミーティングでの相互学習の意義 

次回は2020年9月28日(月)に掲載予定です。


お問合せ先

企業名:株式会社global bridge HOLDINGS
部 署:広報室
T E L :03-6284-1607
F A X :03-6284-1608
E-mail:koho@globalbridge-hd.com
Twitter:https://twitter.com/globalbridgeCo
Instagram:https://www.instagram.com/gbhd_/