当グループ、石塚康志によるオピニオンレポート『子ども集団における累積達成率のS字カーブをGompertz曲線に当てはめて解析することの意味』をアップしました。

 

発達の達成状況をグラフにすると、累積達成率がS字カーブであるといった視覚的特徴があり、そこから見えてくるものがある。そこで、ゴンベルツ曲線により、さらに分析を進めることの意義を解説。このように子ども集団の変化を把握するための、技法の進化や浸透が、保育の質を上げていくことにつながるのではとの見解を述べています。

詳細は以下よりご覧ください。

『子ども集団における累積達成率のS字カーブをGompertz曲線に当てはめて解析することの意味』

次回は2021年3月1日(月)に掲載予定です。


お問合せ先

企業名:株式会社global bridge HOLDINGS
部 署:広報室
T E L :03-6284-1607
F A X :03-6284-1608
E-mail:koho@globalbridge-hd.com
Twitter:https://twitter.com/globalbridgeCo
Instagram:https://www.instagram.com/gbhd_/