- ABOUT -
社会福祉業界全体の専門性や質の向上を目的に、業界の動向等について、行政や専門機関より発表された情報をもとに専門的な視点からレポートを発表しています。
アーカイブ:

No.40 手のひらの感覚器官としての重要性が示唆する保育実践における触感覚利用の将来性(石塚)

No.39 「子どものことでどうしたらよいかわからなくなる」割合が示唆する保育士が専門家として保護者の「頼れる人」になる未来(貞松)

No.37 新規大卒就職者の事業所規模別就職後3年以内の離職率が 示唆する福祉事業者の規模の捉え方(貞松)

No.36 紙の内需動向が示唆する保育の記録化のためのICT研究の進化の必要性(石塚)

No.35 開廃業率の推移・国際比較が示唆するイノベーションの必要性(貞松)

No.33 高齢者が現在行っている社会的な活動が示唆する高齢者の労働収入の可能性(貞松)

No.32 保育園におけるインターネット写真販売の普及予測が示唆する5GやAR(拡張現実)技術が実現する保育の未来像(石塚)

No.31 我が国における外国人労働者の推移が示唆する多国籍保育の対策(貞松)

No.29 「保活」の実態に関する調査の結果が示唆する保育業界外との連携の必要性(貞松)