健康経営宣言

global bridge HOLDINGSグループは、「福祉の総合企業」を目指し、保育や介護、EdTechといった「人」にかかわる事業を展開し、社会貢献からの利益を追求することを経営理念としております。 人にかかわる事業を手掛ける企業として、従業員は最大の資産であると考えています。従業員の心身の健康をサポートし、それぞれの業務において持てる能力を最大限に発揮できる環境づくりに取り組むことを宣言いたします。
※健康経営Ⓡは特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標です。

組織体制

社長ならびに担当取締役(CHO)のリーダーシップの下、各部署・施設の健康経営推進担当者が各施策の企画・運営・進捗に取り組んでいます。施策の効果については、幹部による経営会議で評価・議論し、施策の改善に反映いたしております。

具体的な取り組み

働き方改革の推進・ワークライフバランスの確保

有給休暇の取得奨励
グループ全体として、有給休暇の取得を奨励しています。
また、社内制度としてリフレッシュ休暇および誕生日休暇を設けております。有給休暇と合わせて従業員が生活全般にゆとりを持ち、十分な休養のほか、趣味や学習、地域活動などを行う時間が確保できるよう努めています。
出産休暇・育児休暇の取得
弊社グループでは、すべての従業員に対しライフステージに合わせた働き方の実現に努めております。
■産休・育休取得状況(2020年1月1日~12月31日)
正社員 パート
2020年12月31日現在 在籍者数  1,188人 444人
①産休・育休取得者総数  74人 7人
②産休・育休取得者数(期間中新たに取得)  33人 3人
③出産した方  73人 6人
2020年 産休・育休取得率(③÷①)  98.6% 85.7%
2020年 産休・育休新取得者率(②÷①)  44.6% 42.9%
生活習慣病対策
定期健康診断やストレスチェックの完全実施を推進しています。また、産業医との面談等を通じ、従業員の健康改善等に取り組むほか、婦人科検診の推奨・補助をを実施しています。
メンタルヘルス対策
ストレスチェックの完全実施とともに、社外にコンプライアンスに関する第三者通報窓口を設け、労働環境の改善、ストレスの軽減等に取り組んでいます。
健康づくりイベント
定期的に始業前ウォーキングを実施しています(自由参加)。
受動喫煙防止
オフィス・施設では従業員の全面禁煙を徹底しています。
感染症予防
オフィス従業員のリモートワーク推進、施設の消毒等のほか、インフルエンザ予防接種の補助を実施しています。