貞松 成 プロフィール

1981年長崎県生。早稲田大学大学院政治学研究科修了。学生時代に少子高齢化という人口問題を知り、高齢者による保育が理想的であると考え、2007年に株式会社global bridgeを設立し、千葉県にて無認可保育所(のちに認可保育所へ転換)を開園。

2008年にデイサービス(通所介護)を開所し、2010年には、通所介護と事業所内保育(両立支援)を組み合わせた介護と保育の融合事業を考案し「かいほの家」としてリリースするも事業所内保育制度が事業仕分け制度により事実上廃止となる。

2014年には、NTT東日本と提携し、保育園運営管理システムであるChild Care Systemをリリースし、ICT事業を開始。同年、障害児(者)事業を開始し、認可保育所や通所介護施設との複合施設を開始。 2015年に株式会社global bridgeを分社化し、株式会社global bridge HOLDINGSを持株会社として、直営福祉施設を運営する株式会社global bridgeとICT事業を行う株式会社social solutionsの2社体制とした。

2017年には、群馬大学と共同研究し、群馬県太田市と産官学の連携により、保育ロボットVEVOの開発に着手した。同年、東京証券取引所に上場(6557)。

著書に『小規模保育のつくりかた』(あっぷる出版)、『世代間交流施設の挑戦』(あっぷる出版)


Joe Sadamatsu is the founder, chairman and CEO of global bridge HOLDINGS, which he founded in 2007.

The company has three businesses: daycare centers, nursing homes for the elderly and ICT(Internet Communication Technology).

Joe also developed CCS (Child Care System) in 2014 and VEVO (Childcare Robot) in 2017.

The same year, the company was listed on Tokyo Stock Exchange.

Joe obtained a master’s degree in Public Management from Waseda University.

He is responsible for setting the overall strategic direction of the company.

He also is the author of “How to Build a Small Nursery” and the VEVO series of picture books.

受賞歴

2013年(平成25年度)
公益社団法人日本青年会議所「人間力大賞」を受賞
Received the「human power award」of Junior Chaber International Japan

東京商工会議所「奨励賞」を受賞
Received the 「Encouragement Award」 of The Tokyo Chamber of Commerce and Industry

一般社団法人日本経営士会「ビジネス•イノベーション•アワード2013」を受賞
Received the 「Business Innovation Award 2013」of Association of Management Consultants In Japan,
2014年(平成26年度)
「第9回 ニッポン新事業創出大賞」を受賞
Received the 「The 9th Nippon New Business Creation Grand Prix Winner」
2018年(平成30年度)
平成30年度(第36回)IT賞「特別賞(技術活用賞)」を受賞
Received the 「Special Award(Technology Utilization Award)」of The 36th IT Award

KAIKA Awards 2018 「KAIKA賞」を 受賞
Received the 「KAIKA Award winner」of KAIKA Awards 2018,