以前から当社独自のガイドラインに基づき、施設の利用自粛を呼びかけていましたが、4月7日にコロナウイルス対策に伴う政府の緊急事態宣言を受けて、株式会社global child careが運営するあい・あい保育園を管轄する複数の自治体から同月8日までに臨時休園の要請に伴い基本的に休園しています。
しかし、2020年4月13日現在、当社では3,140名の園児が在籍しておりますが、そのうち1,680名(53.5%)が登園を継続しています。
エリア別に見てみると
東京都は、1,040名の在籍園児数に対し、利用継続が257名(24.7%)
千葉県は、1,663名の在籍園児数に対し、利用継続が1,192名(71.7%)
大阪市は、437名の在籍園児数に対し、利用継続が231名(52.9%)
が登園を継続しています。
都内においては全国でも最も感染者数が多く、自治体からの度重なる自粛要請もあり、相当数の利用現象が確認できますが、その他の地域、特に千葉県においては70%以上が利用を継続していることもあり予断を許さない状況です。
結果として、現時点において千葉県にだけ感染者が確認されています。
個人的には、50%を下回らないと十分な距離感は確保できないのではないかと考えています。
引き続き、除菌とソーシャルディスタンスに注意を払い運営してまいります。
ソーシャルディスタンスのロゴを作成しました。

Social Distancing

We asked all parents to refrain from using our daycare centers based on our guideline. But we closed some of our daycare centers from the 8th because of the state of emergency which was declared on April 7th.
However, there are 3,140 children as of April 13th in our daycare centers and we take care of 1,680 children now.
By region, 257 children (24.7%) of 1,040 children in Tokyo go to daycare centers.
1,192 children (71.7%) of 1,663 children in Chiba go to daycare centers.
231 children (52.9%) of 437 children in Osaka go to daycare centers.
In Tokyo, there are many infected people and the Tokyo government requested that people refrain from going out and certain businesses close, children who go to daycare centers decreased considerably. On the other hand, particularly in Chiba Prefecture, over 70% children go to daycare centers, so it is unpredictable.
In my opinion, I think that we cannot secure enough distance between children unless children who go to daycare centers are lower than 50% of normal.
I will continue to pay attention to sterilization and social distancing.
We made a new logo of social distancing.