4月7日に発令された緊急事態宣言が、5月6日以降も延長されることになりました。
4月末には、保育園の利用率は20%を下回りました。
保育園の役割の1つに保護者への子育て支援があります。
休園中だからと言って、その役割がなくなっているわけではありません。
しかし、今までの保育業界では紙の連絡帳を使っていたので、こうした休園中の状態下において保育園と保護者を繋ぐツールは存在しませんでした。
今は連絡帳アプリを使ってペーパーレスで繋がることができます。
ペーパレスの利点は「持ち運びが自由になること」と「データ解析ができること」です。
創業当時、私が保育現場にいた頃から連絡帳はモバイル端末で操作できるようになるべきだと考えていましたが、当時のスマホの普及率を考えると現実的ではありませんでした。
しかし、今は時代とマッチしてきたと思いますので、アプリを使って保育園と家庭を繋ぐことは可能だと思います。

Connecting nursery teachers and kids via app

The State of emergency which was announced on April 7th will be extended after May 5th.
The attendance of our daycare centers dropped 20% by the end of April.
One of Japanese daycare center’s roles is childcare support for parents.
We have the role even if daycare centers are closed by a state of emergency.
However, there were no tools connecting parents and daycare centers because we have been using paper in childcare fields.
Today, we can communicate with each parent via an app.
The_Merits of being paperless are that you can access and analyze data anywhere.
I thought parent-teacher notebooks which are used by nursery teachers and parents should be an app when I started my company, but it was not realistic because of the ratio of smartphone usage was low.
However, I think current nursery teachers can connect with parents through an app today.
So, I provide free CCS NOTE which can connect parents and daycare centers.