今月は私の誕生日でした。
39歳になりましたので、人生も残り少なくなってしまい焦っています。
今まで、年初には会社の目標、誕生日には個人の目標を立てていたのですが、人口問題を解決するという大きな目標に向かって、目の前の小さな課題を解決していこうと決めてから、個別の目標は立てなくなりました。
これまでたくさんの計画を立ててきて、いつも不思議に思うことがありました。
それは、1年間の目標を立てるときは身の丈以上に高く見積もってしまう傾向があり、その延長線上で10年後の目標を見据えたときは何故か低く見積もってしまうということです。
おそらく、1年間で見積もる目標の場合は、単純に自分が達成したいことを、その年に詰め込んでしまっていたのだと思います。
また、長期間でも積もる目標の場合は、現実世界の物事は複利で積み重なっているのに対し、頭の中で複利計算ができていなかったのだと思います。
実際は、10、13、16.9、22と毎回30%増で進んでいるのに対し、頭の中では10、13、16、19になると考えてしまいます。
4回目の時点で、すでに3も差が開いています。
今の私の目標をざっくりとした項目にすると次の5つになります。
①待機児童を解消すること
②個別最適化された保育を提供すること
③高齢者と子どもが交流する世代間交流施設や障害者も含めた共生施設を実現すること
④テクノロジーを活用して福祉現場の生産性を高めること
⑤福祉事業において世界の模範となる企業となること
残念ながら、まだ1つも完全には達成できていませんので、今年も時間を無駄にせず頑張ります。

シンボルロゴと同じ花。

This month was my birthday.
I am 39 years old this year and I’m in a hurry because I have so little time left in my life.
I used to set my company’s goals at the beginning of the year and personal goals on my birthday, but I no longer set each goal because I decided to solve the small issues in front of me in order to accomplish the goal of solving the population problem.
I have planned a lot in the past and I have been wondering.
When I set goals for a year, I tend to set them higher than my ability, when I set goals for 10 years from now, I tend to set them lower.
Probably, in the case of yearly goal, I simply crammed what I wanted to accomplish in that year.
And in the case of a 10-year goal, I think I didn’t have a compound interest calculation in my head.
In reality, it is increasing by 30% each time (ex 10, 13, 16.9, 22).
However, in my head, it is 10, 13, 16, 19.
There are three gaps between both by the fourth time.
I have five goals roughly.
①To solve the number of children on the waiting list of daycare centers.
②To provide individually optimized childcare.
③The realization of intergenerational exchange facilities for the elderly and children and including children who need special needs.
④To increase productivity in the welfare field by using technology.
⑤To serve as a model for other companies globally in the welfare business.
Unfortunately, I haven’t accomplished one yet, so I won’t waste any time this year.