例えば、何かを知りたいと思って本や論文を調べてみると、日本の論文のサンプル数は数人もしくは多くても数百人の記述式の質問紙調査がほとんどです。
1人の子どもや保育士を1回だけ観察したり、インタビューしたりして結論づけている論文も珍しくありません。
アメリカなどの外国の論文を読んでみると、サンプルは数百から数千の場合もありますし、追跡調査もしている研究もあります。
なぜ、日本とアメリカでは、これほどまで量的研究に差があるのかが気になっていました。
もちろん、背景として研究費や人口の違いもありますが、それにしても差がありすぎるように思います。
おそらく体制の問題ではないかと考える様になりました。
たとえば、私が「3歳児クラスを担当する新卒保育士と10年以上の保育経験のある保育士の遊びの展開はどのように異なるのかを知りたい」と思ったとします。
私は1,200人以上の保育士を雇用している会社を経営していますが、保育士が1,200人もいるのですから、新人と経験者をそれぞれ10名ずつ確保して観察することは容易だと考える方が普通だと思います。
しかし、意外にもこれが出来ないのです。
研究対象を絞るために制限を設けると、1,200のうちのたったの20(1.6%)のサンプルでさえも簡単には用意できないのです。
量的に恵まれた環境を持つ私ができないと言うことは、ほとんど100%の研究者ができないということになります。
十分なサンプル量の研究ができないとなると、N=1のサンプルに入り込むことになってしまい、偏った結論になりますし、情緒的になりかねません。
大きな事業規模と十分な研究環境の両方を持たない限りは量的な社会的研究は進まないのではないかと考えるようになりました。
事業と研究が一体化した研究環境を作らなければ、保育の質の向上は期待できません。
それでも少しずつ進めていこうと思います。

I think that big data social research may be difficult in Japan.
For example, when I wanted to know something, I looked for theses and books. The number of samples of Japanese thesis surveys is a few people or a few hundred at most. It is not rare that Japanese theses focus on one child or one nursery teacher and were reasoned by interviews and observation. On the other hand, there are many theses that have from a few hundred to a few thousand samples in the US and some of them do a follow-up survey for a long time.
I have been wondering why there is a large difference between the US and Japan.
Of course, I understand there is some difference in population and budget; nevertheless, I think it is a big difference.
Probably, this cause may be the research structure.
For example, I wanted to know the different development of childcare in a three-year-old class between nursery teachers with over 10 years of experience and nursery teachers with no experience.
I am running a childcare company which employs over 1,200 nursery teachers, so most people think that it is easy to prepare for 10 nursery teachers with no experience and 10 nursery teachers with over 10 years of experience.
However, unexpectedly, it is hard to secure enough teachers.
When I set a limited environment for research, it is hard to even prepare 20 out of 1,200 people (1.6%).
Perhaps, if I can’t do it, it means no researchers can do it.
I have to focus on only one sample if I could not secure enough samples.
It will lead to prejudiced and emotional results.
As long as I don’t have a large enough environment and budget, I will not be able to do social research.
As long as business and research don’t unify, it is not expected that the quality of childcare will improve.
But, I never give up.