表は、2017年に公表された保護者が保育園を選ぶときに決め手となった理由の一覧である。一番の決め手となっているのは、70%の「施設の所在地」であった。次に、27%の「開園時間、延長保育・休日保育の実施状況」、22.3%の「保育の様子」、18.9%の「保育方針」が続く。基本的に、保育園は保護者が仕事をしている間に子どもを預けるための施設であるため、保育園は自宅と職場の毎日の往復の支障にならない場所にあることが重要になる。そのため、「施設の所在地」は決め手と言うよりは前提条件となる。次の「開園時間、延長保育」も同様に、保護者の勤務時間と合う時間帯でなければならないため前提条件と言える。したがって、就労を保育園利用の条件としている間は、駅前に構える保育園は保護者に選ばれる可能性が極めて高いと言える。
教育は家庭教育と公的教育から成り立っているが、共働き世帯数が上昇し続ける中、家庭教育を充実させることは難しくなってきている。現状においても、保護者が職業を持っていれば保育所を選択し、そうでなければ幼稚園を選択することになっているが、仮に就労の継続に支障が生じた場合は保育を中断するか施設を変更しなければならないという課題もある。そのため、未就学児の教育について、幼稚園のように利用料を設定したり、保育所のように就労を条件としたり、何かしらの制限を設けることは、現実社会においては効果的ではない。
本来的には、「保育の様子」や「保育方針」や「職員について」が真の保護者のニーズとしてトップ3に並ぶところであるが、以上のような利用制限があるため立地や時間がトップに並んでいるのが日本の現状である。しかし、この制度改正には課題が多すぎるため、簡単には法改正はできないだろう。具体的には、利用料の無償化については保育園も幼稚園も同条件であるため問題は財源だけとなるが、就労という利用制限をなくした場合は、保育園よりも立地に劣る幼稚園が急激に衰退することは自明である。ただし、将来的には利用制限はなくなると考えられるため、今のうちから保育の様子を伝えるツールを整えたり、保育方針を現実社会に沿って固めたり、職員採用と教育に注力していくべきだろう。これらも数年で出来上がるほど簡単ではない。

The Deciding Factors for Parents Choosing Daycare Centers
This table is the list of parents’ deciding factors when they chose daycare centers in 2017. 70% listed location as a factor. 27% listed when and how late the daycare opens. 22.3% listed the approach to childcare and 18.9% listed the policies of the daycare center. Basically, in Japan, parents can use daycare centers when they work, so it is important that daycare centers are located between home and station. Therefore, location is a precondition, not a deciding factor. The operating hours are also a precondition because it must be longer than the parents’ working hours. Consequently, the daycare centers which are located near the station seem to be chosen by many parents.
Education consists of public education and home education, but double income households are increasing now, so it is very difficult to enhance home education for many households. Currently, when both parents have jobs, they choose daycare centers. When both parents don’t have jobs, they choose kindergartens. If parents who have a job lost their job, they have to stop using daycare centers, so it is not effective for early childhood education that there are limits which require tuition and a job of parents.
Fundamentally, the daycare center’s approach to childcare, their policies, and the nursery teachers should be the top three conditions for parents. However, requirements for tuition and a certification of work exist, so location and operating hours are the most important. Personally, I think that the Japanese government cannot revise the childcare law quickly. Concretely, the problem of free education is budget since both daycare centers and kindergartens have the same conditions.
However, if municipalities don’t require certification of work from parents, it is obvious that kindergartens will not be chosen by parents because of location. On the other hand, we can predict such limits will not be required in the future, so childcare companies should prepare to cultivate nursery teachers, make an effort to promote and advertise appropriately. We don’t have as much time as we think.