前回、日本の保護者が保育園を選ぶ理由は保育の内容でなく保育園の立地であることを書きました。
これは保育園を利用する主な条件に親の就労があるからであり、このような条件を設けることは、憲法にある「ひとしく教育を受ける権利」や未就学教育の観点から本来的には望ましくないと考えています。
日本とアメリカでは、保育の制度は全く異なるが、保育園や幼稚園を選択する時の親の心情は似ているでしょう。
ミシガン大学によると、大きく分けてアメリカの保育はプレスクールとチャイルドケアセンターとホームチャイルドケアの3つがあり、それぞれ保護者が利用を決める理由は異なります。
日本とは微妙に用途が異なるようだが、ここではプレスクールを幼稚園、チャイルドケアセンターを保育園(こども園含む)として考えてみます。
プレスクールとチャイルドケアセンターの場合は、どちらも保育者のスクリーニング(労働者の履歴を確認して採用すること)がトップであり、スタッフが幼児教育のトレーニングを受けているかどうか、そして、アメリカらしく安全な立地にあるかどうかや、施錠の状況も大きな判断理由となっています。
チャイルドケアセンターだけが、料金や保育時間が判断基準となっているが、それでも32%であり、4番目と5番目でした。
アメリカの保護者は、プレスクールとチャイルドケアセンターのどちらを選択する場合であっても、スタッフの質を一番に考えています。
逆に、保護者が1つでもあれば絶対に利用しない条件もあります。
それは、不審者や銃を持った人がいるような危険な地域に位置していること、子どもたちが予防接種を受けていないこと、そして、保育者が喫煙者であること。
タバコ税を見れば明らかなように、アメリカは日本よりも喫煙に対して厳しく判断をしているのだと思いますが、保護者が保育者の喫煙状況をどのようにして調べているのかはわかりません。
実際に、62%の保護者が自分の希望を満たす施設を探すことは難しいと言っています。
一方で、54%の保護者は保育園の安全面や健康面において確認する自信があるそうです。
保育者の喫煙については、日本でもますます厳しくなっていくだろう。
いずれにせよ、日本と同じように保育園の利用に際して就労などの条件があったとしても、アメリカでは保育者の質や日々の保育の活動などが選択の理由になっています。
こうしたアメリカと日本の順位の違いは、日本の保育の質が最低限確保されていることが理由かもしれないし、教育に対する姿勢の違いかもしれないが、そう遠くない将来において日本もアメリカと同じような状況になるでしょう。

Japanese Parents’Reasons for Choosing Childcare Center in the Future

The reason Japanese parents choose daycare centers was mostly location, not the childcare itself because there are some conditions to use daycare centers in Japan. I don’t believe that it is good to think about early childhood education from the perspective of Article 26 of the Japanese Constitution
Childcare in Japan and the USA are completely different, but I think parents’feelings seem to be the same when they choose childcare centers. According to Michigan University, there are three types of childcare in America, the reasons are different when American parents choose each. In this case, I postulate that a childcare center in America is a Japanese daycare center, a preschool in America is a Japanese kindergarten. The top reason when choosing each is “staff background checks” in America. Also, in America, “staff have early childhood training”, “safe outdoor play area” and “doors locked” are thought as important reasons to decide using them. Cost, location and hour are reasons for using childcare centers, but these are not the top reasons. American parents prioritize the quality of staff regardless of the conditions for using childcare facilities.
Also, there are some deal-breakers when choosing a facility. These are “location in a sketchy area”, “gun on-premises”, “other adults on premises”, “unvaccinated children allowed to attend” and “staff member is a smoker”. It is obvious when you think about cigarette taxes in the USA that American parents don’t want smokers near their children, but I don’t know how they find out if there are smokers in facilities. Actually, 62% of parents said that it is difficult to find facilities which they like. On the other hand, 54% of parents seem to be confident about the health and safety of childcare facilities. I think that Japanese nursery teachers who smoke will lose their footing.
Anyway, even if there are some conditions to use childcare facilities in the USA, American parents prioritize quality of teachers and active play every day. The reason for differences between America and Japan might depend on the quality of Japanese childcare which maintains a high level or different attitude toward education. However, nearly all Japanese parents will have the same reason as American parents in the future.