よく日本はアメリカより10年くらい遅れていると言われていますが、高齢化率に限っては2020年時点において日本はアメリカの約2倍の30%ほどありますので日本の方が進んでいます。
アメリカの医療サービスセンターは、老人ホームを、健康検査、スタッフの配置、品質測定の3つの分野で評価しており、その結果、トップの州はハワイでした。
アメリカの介護事情について詳しくないが、このアンケートでは、過半数が自分の親は自分で介護したいと回答しています。
調査対象者の半数以上が、可能であれば高齢の親族をフルタイムで介護すると答えており、介護施設の利用者の幸福度は、家族がどれくらいの頻度で訪問するかによっても影響を受けようです。
この調査の回答者(主に家族)は、月に平均6回、1回の訪問につき平均1時間27分滞在していることがわかりました。
それでも回答者の半数以上(55%)が、自分が十分に訪問していないと考えており、その方達は月に平均4回しか訪問していませんでした。
また、家族と十分に会えていると回答した45%の人は月に9回訪問していました。
つまり、アメリカでは月に9回(週に2回以上)自分の親を訪問すると家族は十分だと感じることができ、4回以下だと不足感を感じるようです。
日本に同様の調査結果があるかどうかはわかりませんが、日本と比べてもかなり高い気がします。
しかし、アメリカのように高い訪問頻度であっても、今回の調査では大多数(77%)が、今の訪問回数が少ないことに罪悪感を感じています。
そして、約57%の回答者が訪問頻度の低い理由に仕事に一番に挙げており、一方で約39%の回答者が「訪問は気が滅入る」と答えています。
このように自分の家族(親)を大切にする気持ちから、親が介護施設へ入居すること自体に罪悪感を感じる割合は、日本よりもアメリカの方が圧倒的に多いかもしれません。
しかし、現実的に介護問題は避けて通れない話題であるため、アメリカの高齢化率が日本のように高まれば、同じような境遇の家族から体験談や実際の感想などの話を聞く機会も増えて常識が変わり、記事にもある通り罪悪感も軽減するでしょう。

Rate of Aging Changes Family’s Guilt

Some people say that Japan is behind America, but in regard to the rate of aging, the Japanese rate of aging in 2020 is double America’s. The Centers for Medicare & Medicaid Services rates American nursing homes by health inspections, staffing, and quality measures. Hawaii had the best ratings.
I don’t know much about American nursing care, but according to this survey, over half of the respondents answered that if it is possible, they want to take care of their parents full-time by themselves. Elderly people’s well-being seems to depend on their family visiting. It found that respondents visited nursing homes six times per month, and they stayed 1 hour 27 minutes. However, over half of respondents felt that it is not enough, they visited only four times. Also, 45% of respondents answered visiting nursing homes nine times was egnouh. Simply put, in America, people who visit nursing homes over nine times are satisfied, people who visited under four times are dissatisfied.
I don’t know if there is a similar survey in Japan, but I feel this number of visits is very high. However, even though American people visit their parents many times, the majority of respondents (77%) feel that number of visits is less. 55% of respondents answered the top reason which they could not visit nursing homes is a job. On the other hand, 39% of respondents answered visiting is depressing. Regarding the rate of the number of people who feel guilty about using the nursing home to take care of their parents, the American ratio may be overwhelmingly higher than the Japanese ratio. Most people cannot avoid taking care of their parents if the American aging rate increases, as well as Japanese, the common sense of using nursing homes, will change. Then, as this article states, American people will not feel guilty because they can talk to a lot of people about using nursing homes.