未就学児童は未就学期に園を移動します。
管外委託先からの自治体を跨いだ転園、兄弟で通うための転園、2歳まで過ごした小規模保育を経て3歳からの認可保育所への転園、保護者の転職や人事異動による転園、そして、原則として、全ての未就学児は小学校へ就学します。
こうした際に、発達の状況、既往歴、家庭に関する事項といった子どもの成長や環境に関する情報が適切に伝達していないことがあります。
全ての児童の情報について、教師間、保育士間で情報共有を図ることは物理的、時間的に現実的ではありません。
そのため、子どもの情報をインターネット上で共有し、公的機関のみが閲覧できる仕組みが必要です。
こうした仕組みはすでに北欧などでは実施されており、教師はいつでも子どもの情報を把握し、事実に基づいて適切に判断することができます。
また、DXの重要性が再認識される中において、このような情報を充実させて適切に保護者に提供することは重要です。
例えば、こうした情報を解析することによって、こども理解が進み、質の向上が期待できます。
さらに、福祉サービスが充実することによって、その価値が認められれば、子育てに対するコンサルティングフィーとして、保育料とは別に、給食費や園バス代等のように実費徴収が可能になる可能性もあり、保育園や幼稚園の差別化に繋がり、多様性が広がります。
次回の本にも書きましたが、保育の情報は共有するだけではなく価値に繋げる意識が重要です。

Japanese ChildcareIssues Part 4 – Sharing Information
Some preschoolers move to new childcare facilities. For example, moving to a new municipality, moving to join their brothers and/or sisters, moving from small daycare centers which they have gone to until two-years-old to kindergartens or nursery schools, or moving due to their parents’ work situation.
Sometimes, information about children’s development, past medical history, and the home environment doesn’t move with them.
However, sharing all this information between teachers is not realistic, considering the time and resources required.
Therefore, a system in which only public facilities share their information on the Internet is required.
These systems were already developed in the EU.
Schools and teachers can obtain children’s information anytime, so they can always provide suitable childcare.
Also, it is important that childcare providers provide children’s information appropriately since DX (Digital Transformation) has already gained widespread adoption. For example, teachers are able to better understand children by analyzing children’s information, and improving quality is expected. Furthermore, if information generates value, and surrounding people acknowledge the value, guardians can pay to consult with teachers about education.
I wrote the next book, Not only sharing information but also generating value is important.