ブログのタイトルは著書のタイトルでもありますが、そのまま来年の目標にもなります。
2021年の事業活動について、保育事業は、首都圏を中心に安定的に認可保育園を増やし、就学支援に力を入れていく予定ですので、引き続き優秀な保育士の採用と育成に努めます。
介護事業は、これからの高齢社会において求められるのは、「介護施設」ではなく「住まい」であるという考えのもと、あい・あい保育園で培ったノウハウを活かして高品質な介護サービスを提供できるよう2022年に向けて計画しているところです。
そして、2021年に最も注力する事業領域はICT事業です。
今月、いくつかの大きな意思決定を行いました。
まず、株式会社social solutionsという社名を株式会社CHaiLDに変更することにしました。
保育業界、子ども業界にAIやICT技術をもって貢献する会社であることが社名から分かるようにしました。
子どものためのAIなので「ai」は小文字にしています。
また、同時に主力商品であるChild Care Systemの全面リプレイスを実施します。
そのために、株式会社Queue(キュー)の柴田社長が株式会社CHaiLDの取締役CTOに就任し、マーケティングを強化するために株式会社Preferred Networks 富永朋信 執行役員がCHaiLDの顧問に就任します。
来年からは、技術者(エンジニア)の採用と社内育成にも力を入れていきます。
保育士の業務管理システムであるChild Care Systemは、日々の子どもや保育士の情報が蓄積されていきます。
また、れんらくちょうアプリであるCCS NOTEは、保護者が毎日複数回も開くアプリであり、保育園と保護者間の貴重なコミュニケーションツールです。
同時に、写真動画配信サービスであるCCS MEMORUと連動することで、保護者が見ることができない保育園での子どもの成長を見ることができますし、保育士の研修ツールとしても活用できます。
お昼寝中の子どもの健康状態を計測するCCSセンサーは、機械学習によって明日の子どもの健康状態を予測します。
そして、VEVOは、保育士と保護者間のコミュニケーションの半分を代替することができ、保育士は子どもたちの日々の感情や気持ちを伝えることに集中することができます。
こうした5つ(CCS、NOTE、MEMORU、センサー、VEVO)のICT技術がバラバラに稼働していたため、来年から統合することにしました。
当社の強みはデータ量と研究体制です。
データがない企業はデータを収集しなければなりません。
データがある企業はデータを研究しなければなりません。
研究ができる企業はデータを収益化しなければなりません。
保育の個別最適化ができる会社を作ります。
決意の表れとして、私個人からも株式会社CHaiLDに出資します。
そして、保育のあらゆる生産性(保育者の質、子どもの学び)を高めることができるAI保育革命に向けて頑張ります。

AI Childcare Revolution
This blog’s title is the same title of my new book and my goal next year.
In regard to our childcare business, I will build more daycare centers mainly in Tokyo and focus on early childhood education. Therefore, I have to make an effort to hire good nursery teachers and cultivate them.
In regard to our nursing care business, I think nursing homes from now on will become residences, not nursing homes. I am planning to build new nursing homes utilizing AIAI nursery’s know-how in 2022.
The business I will mostly focus on in 2021 is ICT business.
I made some big decisions this month.
Firstly, I changed our ICT business company’s name from social solutions to CHaiLD Co,Ltd.
It is easy to picture e CHaiLD as the name of a company which contributes to the childcare field with AI or ICT technology.
I used the lowercase letters ‘ai’ because CHaiLD Co,Ltd.uses AI for children.
Also, I will completely rebuild ‘Child Care System’ which we created 7 years ago.
Mr. Shibata, the CEO of Queue.inc, will take up the post of CHaiLD Co,Ltd.’s CTO, and Mr. Tominaga of Preferred Networks, Inc. will take up the post of CHaiLD Co,Ltd.’s adviser.
From next spring, I will make a strong effort to hire and cultivate engineers.
The information of children and nursery teachers is compiled on ‘Child Care System’ which supports nursery teachers with paperwork.
And CCS NOTE is a valuable communication tool that can connect daycare centers and homes because parents can use it many times every day.
CCS MEMORU can provide pictures and videos to parents, parents can watch their children’s growth via an app and nursery teachers also can utilize MEMORU as a training tool.
The CCS SENSOR can gather children’s health data and predict when a child has a fever.
Furthermore, VEVO can handle half of the communication between parents and nursery teachers, so that nursery teachers can focus on children’s emotions.
I will integrate five products.
Our strengths are the amount of data we have compiled and our research team.
A company which has no data, has to collect data.
A company which has data,has to analyze that data.
A company which can analyze data, has to monetize it.
I realize our company can optimize individual childhood education.
I will additionally invest in CHaiLD Co,Ltd. to realize that
I will make an effort to realize an AI childcare revolution which increases the productivity of childcare.