0歳児は、ハイハイをするようになると、好きな音楽を聴いて笑う。
1歳児は、動物の名前が言えるようになると、ジャンプができる。
2歳児は、1人で5分間遊ぶようになると、1人で服を着ることができる。
3歳児は、友達に「おはよう」と言えるようになると、スキップができる。
4歳児は、自分の服を畳めるようになると、鉄棒で前回りができる。
5歳児は、片足で10秒立つことができると、2+3などの簡単な足し算ができる。
一見すると、これらは何の脈略もなく、「そんなはずはない」と感じる方もいるかもしれません。
しかし、これは6,000人の子どもの発達を統計して解析した結果、子どもの発達の流れを推論した確かな結果です。

「AIで保育をするなんてけしからん」と思う方もいるかもしれませんが、AIとは統計的機械学習、すなわち膨大なデータを基に算出した精度の高い推論です。
私が着目したデータは発達記録です。
発達記録とは、保育士が子どもの発達を記録している用紙のことです。
私が経営する保育園に通っている子どもの人数は3,000人を超えています。
3000人以上の子どもの発達記録を2年分集計し、延6,000人分のデータを解析した結果、子どもの発達の流れを正確に捉えることができるようになりました。

CCSを使う保育士は、毎日、スマホやタブレットで連絡帳に情報を入力しますが、その時に、次の発達段階として推論された子どもの発達情報が表示されます。
たとえば、1歳児クラスを担当する保育士が、連絡帳に「今日は、絵本を見てワンワンと言っていました」と書くと、次の発達情報である「ジャンプができるようになる」が表示されるわけです。
そうすると、次の保育計画を考えるときに、ジャンプを取り入れたリトミック遊びにつながります。
このように、全ての保育士が、子どもの成長(発達)に沿った保育環境を整えることができることを目指しています。

どうして、このような取り組みが必要であると考えるように至ったかというと、経験年数によって大きく質が変化するにもかかわらず、日本の保育業界においては、20代が40%以上を占めるなど、若年層が多いためです。
どの業界でもベテランは重宝されますが、保育業界においても、経験年数は非常に重要視されています。
しかし、若年層が約半数と多すぎるため、経験年数が短くても、一定の保育の質を担保できるようにすることが業界を挙げた課題でした。
そこで、上記のように、発達の流れを常に意識できる方法を考えるようになったのです。
そのためには、連絡帳アプリを活用することが、もっとも現実的な方法でした。
アプリを使うことで、ほとんどの保育士は、子どもの発達を理解しながら、適切な保育を提供できるようになるでしょう。

具体的には、ベテラン保育士が20年間に渡って毎年30人のクラスを担当してきたとすると、20年間で最大600人の子どもをみてきたことになりますが、6,000人の子どもの発達を解析したCCSを使えば、どんな保育士でも少なくともベテラン保育士の10倍以上の子どもの情報を基に、その子どもにとって最適な保育計画を立てることができます。
(ベテランと言われる域を20年以上の経験年数と仮定)

このように、Child Care Systemを導入した保育園で働く保育士が、一人一人に最適な保育計画を考えることができるようになることを目指します。

Children who can fold clothes can do a forward roll on the bar?

Babies less than one-year-old can crawl when they smile at music.
One-year-old children can jump when they can say the name of the animal.
Two-year-old children can put on clothes by themselves when they keep playing alone for five minutes.
Three-year-old children can skip when they say “Hello” to their friends.
Four-year-old children can do a forward roll on the bar when they fold their clothes.
Five-year-old children can do simple calculations such as two plus three when they stand for 10 seconds on one leg.

Some people may say “That can’t be true”, but these are results that we studied of over 6,000 children’s development.
Some people may think taking care of children through the use of AI is wrong, but AI provides high-quality deductions that are calculated based on an enormous amount of data.
The data of childcare is mainly the information which nursery teachers wrote on paper at the time.
I focused on children’s developmental records.
Children’s developmental records are those which list when and what children accomplished.
Over 3,000 children go to our daycare centers.
We could catch the flow of children’s development accurately by calculating the developmental records of 3,000 children for two years.

When our nursery teachers put children’s information into CCS via smartphone or tablet every day, AI can provide what the children will be able to accomplish next.
For example, when the nursery teacher who handles a one-year-old class writes “Today, he said ‘dog’ when he saw a dog in the picture book”, CCS will display information as follows: He will jump next month.
When the nursery teacher sees that information, she will make the next plan for rhythmics play.
In this way, my aim is that all nursery teachers can make the correct and suitable plans for children’s development.

The reason I studied children’s development is a typical Japanese nursery teacher’s childcare experience is very low. Over 40% of nursery teachers are in their twenties. Most fields need experienced workers, of course, and the childcare field also needs veteran nursery teachers.
However, the childcare field’s issue has been their inability to provide stable quality of childcare due to a lack of experience.
Therefore, I thought about how to provide suitable childcare.
The answer was an app.
The app is the most realistic approach because nursery teachers use the app every day.
Nursery teachers will be able to provide suitable childcare with their understanding of children’s development by using the app.

Any nursery teacher can develop a childcare curriculum through the use of this app which contains at least 10 times the information that a single veteran nursery teacher has accumulated.