毎年、3月は新しくオープンするあい・あい保育園の竣工確認で予定が埋まります。
当社が運営するあい・あい保育園のシンボルでもある大型遊具AINIですが、新たにAINI BOXという大型遊具を考案し、設置しました。
これまでのAINIは、300㎡の広い園庭に展開できる一方で、100㎡以内の狭い園庭にもコンパクトに収めることができる大型遊具でしたが、今回のAINI BOXは30㎡と、さらに小さな面積でも設置できる遊具として考案しました。
これまで都内に保育園を作るときに、地価が高くて、どうしてもAINIを設置するための土地を確保できずに諦めていたことから、狭い土地でも設置できる大型遊具を考案することにしました。
AINI BOXの特徴は、30㎡の面積があれば設置できること、屋根があるため雨の日でも集中して遊び込めること、各フロアに多様な仕掛けがあることです。
雨の日は、外に出ることができないため、憂鬱な日になりがちですが、AINI BOXは雨水で回る水車を設置しているため、むしろ雨の日の方が楽しくなるように考えました。
1Fは、全面が砂場で、水車の水を使って砂遊びができます。


2Fは、ままごと遊びやハンモックがあります。

3Fは、ネット、クライミング、鉄棒、滑り台など遊びが満載です。
AINIを考えたときも手応えがありましたが、今回のAINI BOXも同じくらい手応えがあります。

  

AINI BOX

My schedule in March is full with visiting new daycare centers that will open next month.
AINI is a big athletic jungle gym and our nursery school’s symbol. I have now created AINI BOX which will be used from this April.
The regular AINI can be built within a space of 100-300㎡, but the AINI BOX can be built within a space of 30㎡.
We had given up installing the regular AINI when we built an AIAI nursery in Tokyo because the price of land in Tokyo is high.
Therefore, I had to come up with a compact AINI.
There are three characteristics of AINI BOX.
The first is that it can be installed within a space of 30㎡.
The second is children can play in the AINI BOX even on a rainy day because the AINI BOX has a roof.
The third is the AINI BOX has many playspaces on each floor.
When it’s a rainy day, children always look depressed, so, I came up with the AINI BOX with a water wheel.
Children can play in the sand with water from a water wheel on the first floor when it’s a rainy day.
Also, there is a hammock and a table for playing house on the 2nd floor.
There are a climbing wall, a horizontal bar, and a slide on the 3rd floor.
I had confidence when I came up with the AINI, and this time I have an equal amount of confidence about the AINI BOX.