7月1日にChild Care Systemのホームページをリニューアルしました。
これまでの保育の業務効率化を目的としたソフトから、保育の個別最適化を目的としたソフトへリニューアルしました。
私自身、多くの保育園を運営していて思うことは、下のイラストのように、業務効率化ソフトを導入して省力化することはできても、保育の質を向上させることはできないということです。

保育の質を向上させるためには、業務効率化ではなく、個別最適化が必須です。
しかし、保育の個別最適化について、きちん調査したり、実証実験をしている会社や研究者を私は知りません。
これからの保育園は、時代に沿った保育を提供する保育園だけが生き残ります。
最近、日本幼児保育史を読み返して、日本の幼児教育を明治時代から平成時代まで振り返ってみたのですが、今後の日本の幼児教育の流れは、小学校へ向けた「就学支援」と「子どもの発達と内面の理解」、すなわち個別最適化になっていくことは自明です。
CHaiLDでは、この2つの課題に取り組むべく、就学支援プログラムであるIQ(いっきゅー)パズルと、子どもの発達と内面を理解するChild Care Systemの2つを軸に事業を展開していきます。
完全リニューアルまであと数ヶ月かかりますが、猛スピードで取り組んでいきます。

Child Care System’s New Website

Child Care System’s website has been redesigned and updated. The new website went online on July 1st.
The new website is focused on personalized childcare software while the previous website’s focus was operational efficiency software.
I believe that only nursery schools which parents chose will be able to survive from now on.
It is clear that operational efficiency software cannot improve childcare quality.
Personalized childcare software is necessary, not operational efficiency software to improve the quality of childcare.
Recently, I read about the history of Japanese childcare again., I read about Japanese Childcare and education from the Meiji Era to the Heisei Era. I predict that Japanese Childcare will become preschool education to support children when they start elementary school. Personalized childcare, such as understanding children’s way of thinking, their emotions, and focusing on their development are all important.
CHaiLD has an IQ puzzle which is one of the preschool educational tools and Child Care System which analyzes children’s developmental data.
We are working as fast as we can to complete the redeveloped Child Care System.