今年も一年間あっという間でしたが、今年は行動量が多く充実した一年だったと思います。
まず、今年に入ってすぐに、gb初となる認可保育所あい・あい保育園(AIAI)と放課後等デイサービスにじ(NIJI)の一体型施設がオープンしました。
NIJIには、児童発達支援事業である「にじの広場」と生活介護事業である「にじの家」もあります。
また、1月には「事業として目標としていること」である事業理念について、毎月施設長に向けて研修を開催してきました。
東京と千葉と大阪にも施設があり、施設長の人数も増えたので、一回の開催では終わらず、多い時には月に9回も開催するほどでしたが、なんとかやりきりました。
そして、その関わりについてをレポートという形式で利用者の方々に配布することができました。
家族にとって、保育や介護という仕事は、スタッフがどのような思いで子どもやお年寄りに関わっているのかを知る術が限られています。
日々の連絡帳やブログや写真などもありますが、そこにはスタッフの意思や行動などの詳細までを網羅することは難しいので、何か良い手段はないかと前々から考えていたのですが、その一つの答えがレポートでした。
年に二回ですが、私たちスタッフが、これまでどのようなねらいを持って、どのように関わり、今現在どのような状況で、これからどのように関わっていく予定なのかを報告する良いツールになったのではないかと思います。
そして、その活動を社員総会で報告し合い、全員で評価し合いました。
【東日本会場】
IMG_5357 IMG_5364
【西日本会場】
IMG_5206 IMG_5214
このような取り組みは東日本でも西日本でも初めてのことでしたが、普段は交流のない保育部と介護部の社員同士がお互いを知ることができ、刺激になったのではないかと思います。
全社員は参加できませんでしたが、ほとんどの社員が参加できました。
施設のプレゼン内容も良かったと思います。
来年、さらなる進化と成長が楽しみです。
私からは、中期計画と長期計画について話をしました。
どれくらいの未来を見ているかで意識も行動も変わると思いますので、100年後について話しました。
また、昨年から今年にかけて、急激に増えているこども園に対応したシステムの開発が急務でした。
来年度からのスタートに向けて急いでいます。
これは非常に重要な案件ですので、私が直接がコミットして進めていきます。
最後に、今年のテーマは「大切」ということで「価値の向上」がメインでしたので研修に力を入れました。
来年のテーマは「完遂」ということで「最後までやりきること」にしました。
何をやりきるのかは人それぞれのミッションによって異なると思いますが、来年は今年よりもさらに充実した一年になるように計画しましたので、充実が確定した一年となりそうです。
同じことの繰り返しとならないよう、きちんと目標を定めて、年始から完遂していきたいと思います。
どんどん良い体制に向かっていますので、これから来年の目標を整理して、年を越そうと思います。
皆様も良いお年をお過ごしください。
今年も一年間ありがとうございました。