明けましておめでとうございます。

昨年の目標達成度は自己採点では70%でした。
① 100億人(びと)の獲得 → 達成
② 大規模システム投資 → 継続中
③ 学会への入会と論文発表 → 入会はしました。
他にも目標は立てていましたが、全く達成できなかったこともあれば、ダブルスコア以上で達成できたものもあり、微妙な感じです。
ただ、私は何があってもだいたい良かったと思う性格なのですが、今回も結果的に良かったと思っています。

今年の目標に関しては、会社の目標は当然別にあるので、個人としては

① 共生社会と一人一人に合わせた保育の勉強
良い保育や介護を提供したいのであれば、基本的なことですが、良いスタッフを採用し、良い教育を体制をつくらなければなりません。
ということで、当社ではライセンス制度やPIQなどの教育制度を整えてきましたが、まずは社長が一番勉強しなければならないなと思いました。
したがって、今年は共生社会と一人一人に合わせた保育について毎月勉強していきたいと思います。

② SNSをコツコツ頑張る
創業当初は、フェイスブックやアメブロやツイッターなどを毎日のように頑張って更新していたのですが、数年前からフェイスブックとツイッターは放置状態になり、アメブロに関してはずいぶん前に削除してしまいました。しかし、これではいけないと思い直しましたので、今年からツイッターをコツコツ頑張ろうと思います。

③ このブログも頑張る
昨年から、このブログも更新しようしようと思ってはいたのですが、私が書く内容はいつも固苦しい(らしい)ので、最近まで書いていた内容が私の中ではどうもブログっぽくなくて、どうしようかなと思っていたところオピニオンレポートとして更新することになりました。
すでにいくつかアップされているのですが、公表されている省庁のデータや、事保連などの関連する機関からの研究データを元に個人的な意見や見解をブログっぽく1000文字くらいで書いています。
せっかくなので社員にもオピニオンレポートを書いてもらっていますが、ゆくゆくは各部署から募って質と量を増やしていきます。

私の意見などは昔から全く変わっていません。
たまに昔書いた本や出演したメディアなどを見る機会がありますが、10年前と今ではほとんど意見は変わっていませんでした。
変わったのは周りの状況だけなのですが、例えば当社も少しずつ規模が大きくなりつつあり、特に千葉県においては多いところでは50人に1人が当社のあい・あい保育園に通っている自治体もあり、その影響力や社会的責任を感じざるをえません。
したがって、10年前の発信力と、今の発信力も変わりますので、何のために規模を大きくしたのか、何が重要なことで、何がすべきことなのかを今一度きちんと整理して経営していかなくてはなりません。

しかし、本来的にはブログに書こうと思っていた内容がオピニオンレポートとして別枠で掲載されてしまうとなると、本当にブログに書く内容がなくなってしまって困っていたのですが、これは実験ですが少しずつ海外に向けて書いていこうと思います。
最近のベンチャー企業でも、ホームページや事業計画書などが英語で表現されているものの、実体としてはまだ日本国内だけの活動としている会社が増えてきたように感じています。
しかし、海外に向けての情報発信はできていますので、これからのグローバル社会を考えると良いことのようにも思います。
当社においても、社名こそglobal bridgeとグローバルですが、まだ何も海外展開はしていませんし、その段階でもありません。
それでもカンボジアやフィンランドとの関わりも少しずつ増えてきた中で、これからもイタリアやデンマークなどの国が増えていく予定です。
そうなると、共通するコミュニケーションツールは英語になります。
関わってくれる方々が当社の情報を得るためには必要なことだと思います。
ただし、日本語でさえも月に一回以下のペースで書いているのでさらに時間がかかるかもしれませんが、母語ではない分、考える余地が少なくなるので逆にスラスラ書けるかもしれません。
とりあえず、今年から少しずつやってみようと思います。

VEVOも絶賛、大改革中です。
2020年に大爆発する予定です。(良い意味で)