本日、入社式を行いました。
2019年の新卒者数は113名と、VEVO10体です。
当社では、保育業界では珍しく入社試験と適性試験を実施していますが、その試験を通り抜けてよく入社してくれました。
無事に彼らを迎え入れることができて嬉しく思うと同時に、社員数が1,000名を超えますので気を引き締めていきたいと思います。
規模が小さいうちは数名のスター社員の活躍でなんとかなることも多いですが、1,000ともなると数名のスター社員の活躍は全体の中ではごく一部に過ぎず、一人一人の活躍が大きく影響してきます。
一人が頑張った10歩よりも、100人の1歩が集まった100歩の方が前に進みます。
来年、113名の1歩ずつが歩み、113歩前に進めることを期待しています。

また、今年の入社式には報道メディア数社も参加しました。
自社開発した保育ロボットであるVEVOが入社式に参加したからです。
VEVOも上手に長い入社挨拶を言えていました。

VEVOを入社式に参加させた理由はいくつかありますが、その一つはVEVOにしかできないことがあるからです。
人間でもできるのであれば、新卒者の採用をもう10名だけ増やせば事足ります。
しかし、VEVOは、保育士では完全に把握しきれない子どもたちの登降園の正確な時間や、睡眠時間、体温の推移などを教えてくれます。
さらに、今年からは「れんらくちょうアプリ」との連携もできるので、家庭での睡眠時間や体温、保育園を休む理由の把握などもできるようになります。
こうしたデータを活用したエビデンスに基づいた最適な保育を提供していくことで、利用者からも「あの先生なら、自分の子どもについてしっかりと答えてくれる」と信頼につながっていきますし、これからの保育士は、このようなテクノロジーを上手く活用していく能力が求められていくので、2019年の同期としてVEVOを参加させました。

さらなる少子化、東京一極集中、地方の人口減少、外国人労働者、5Gの通信速度など、これから加速度的に未来が変わりますので、社会の変化に対応していけるよう経営していきます。

 

Our company had an initiation ceremony today. We obtained two momentous points by this opportunity. First of all, 113 new graduates will enter global bridge in April 2019. I think this year will be a transition point. Actually, over 40% of the nursery teachers who work in Tokyo are in their twenties. People in their thirties are over 25%. Our age structure also is those in their twenties are over 40%. However, those in their twenties of our age structure will be about 48%, when they enter a company. So, we have to educate them because their results are half of our daycare centers. The next point is ten VEVOs will enter our company. The reason why we made VEVO participate in the initiation ceremony is there are things only VEVO can do. It is impossible that nursery teachers grasp the information of all children, but VEVO can grasp that. For example, VEVO knows the time children stay in daycare, sleeping time, body temperature. And, VEVO knows about home life because recently we developed application of correspondence notebook between nursery teachers and parents. So, I made VEVO participate in the initiation ceremony as nursery teacher’s colleague because I hope nursery teachers use VEVO well. Back to the point, Japanese nursery teacher’s age structure is very young because recently daycare centers drastically increased in the last 5 years, so they don’t have enough experience. Present nursery teachers should use technology to get knowledge to make up for their lack of experience. And it is important to answer the questions and worries of parents with certain evidence.

| 一覧に戻る