おかげさまで、4月、新たに11ヶ所の保育園がオープンしました。
来月から令和元年です。元号変更とは不思議なもので、実際は何も変わらないのに新年にも似た気分です。
長寿社会に生きる私たちは、あと何回元号変更を経験できるでしょうか。
今、高齢者施設に入居している方々は、大正に生まれ、昭和に育ち、平成の礎をつくってこられました。
私たち現役世代は、昭和に生まれ、平成に育ち、令和の礎をつくっていきますが、今保育園に通う子どもたちは、平成に生まれ、令和に育ち、その次の時代の礎をつくっていくことでしょう。
そう考えると、年号は、時代を振り返るとともに未来を想像させてくれます。
令和にどのような社会を想像できるでしょうか。
平成元年の1989年頃の日本が世界に占めるGDPは約14%でしたが、平成の終盤2017年頃になると6.1%にまで落ち込んでしまいました。
地方から人口が集まってくる首都圏や関西圏に住む私たちには実感がわかないかもしれませんが、2019年3月時点の日本人口は1億2600万人です。
東京オリンピック後の2020年代には千葉県の総人口以上の約700万人、2030年代には約1700万人が減り、2040年には1億700万人となり、日本がさらに落ち込むことは間違いありません。
その一つの解決策として、外国人労働者の受け入れが期待されています。

2018年12月8日の第197回の国会で成立した「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」(改正入管法)は、今月から施行されています。
この外国人労働者についての法律は元号変更と共に今年が元年と言えます。
私は、基本的に融合や共生には合理性を感じるので好意的に受けとめています。
今回の法改正には賛否両論あるかと思いますが、今でもすでにたくさんの外国人を見かけますし、保育園にもたくさんの外国籍の子どもたちが通っています。
実際に、当社の経営する保育園でも、外国籍の子どもが50%近いところもあります。
2016年は236万人、昨年2018年には273万人もの外国人労働者が日本で暮らしています。
いずれ、たくさんの外国人の高齢者も見かけることになるでしょう。
しかし、この半世紀で日本はずいぶんと歳をとりました。
1970年の日本人の平均年齢は30歳でしたが、48年後の2018年の平均年齢は47歳と、18歳も年をとっています。
いつの時代も、若者が夢を持って次の社会をつくってきましたが、日本は、もはやその若者が極めて少ない国なのです。
これからは外国人の若者が次世代の日本人として活躍していくことは間違いないでしょう。
外国人に来てもらえなければ、日本は小さくなっていきます。
正確には、小さくなり続けます。
テクノロジーを活用して生産性を高める方法もありますが、テクノロジーはその時点では有効であっても、次の時点では有効ではありません。
日本は、小さくなってどこかの時点で止まるのではなく、小さくなり続けるのですから、テクノロジーは一時しのぎにはなりますが、根本的な解決策にはなりません。
そうなると、日本に残されるのは、たくさんの高齢者とわずかばかりの子どもたちです。
こうした情報を得たうえで未来を想像していくと、私は、令和時代は共生社会へ向けて準備をする時代にしなくてはならないと考えます。

では、どのような準備が求められるのでしょうか。
まずは交流を行うべきです。
世代間交流でも、インクルーシブ保育でも、交流することでお互いが理解し合えます。
適切な交流さえできれば良い効果は必ず生まれます。
適切な交流とは、日本人が得意な親切です。
2014年に実施された龍谷大学による技能実習生を対象としたアンケートでは、来日前のベトナム人の日本に対する印象は97%が「良い」と答えていますが、来日後には58%にまで減少し、「良くない」が37%に激増しています。
日本の技術を途上国の外国人に教えるという名目の技能実習制度のもとで、実際には労働者として不適切に対応してしまったので、ベトナム人に対して親切にできなかったのでしょう。ですから、今回の法改正は外国人に親切にするための法改正であるとも言えます。受け入れる側が親切に親身になって交流することで、日本語の習得やお互いの文化の共有が生まれていきます。
誰が何を言おうが社会は変わっていきます。
私は、親切な交流が得意な会社にしていきたいと思います。

It will be the Reiwa era from next month. How many times can we who live in aging society experience an era change. Elderly Japanese people who stay in nursing homes now were born in the Taisho era, grew up in the Showa era, have made a foundation of the Heisei era. We who live in the current generation were born in the Showa era, grew up in the Heisei era, will make the foundation of the Reiwa era, but children who stay in daycare centers were born in the Heisei era, will grow up in the Reiwa era, will make the foundation of the next era after the Reiwa era.
What will become of the Reiwa era? We have to think about our future with correct information. Thinking with the correct information is imagination but thinking with the wrong information is fantasy.
In 1989, the first year in the Heisei era, Japan accounted for 14% of world’s GDP, but in 2016, the final stage in the Heisei era, it became only 6%. We have to think seriously about this fact. We may not feel this fact because we live in Tokyo which many people come to, but approximately 7 million people (as much as Chiba prefecture’s population) will disappear in the 2020s in Japan, and approximately 1700 million people will disappear in the 2030s. So, we have to solve this population problem.
One of the solutions is foreign workers. What we called the immigration law was established on December 12th in 2018 started this month. I like diversity and an inclusive society basically, if 1.2 million foreigners come to Japan, it is calculated that effect of increase in GDP will be 1.6% (8 trillion yen), if 10 million foreigners come to Japan, that will be 13.4% (71 trillion yen). There are opinions on the pros and cons of this law, but we already see many foreigners everywhere, and many foreign children go to daycare centers now. 2.36 million foreigners live in Japan in 2016, 2.73 million foreigners live in Japan in 2018. We will see many elderly foreigners before long.
Japanese got old in the last half century. The average Japanese age in 1970 was 30 years old, but after 45 years in 2019, that was 48 years old. In any day and age, young people who have dreams created the next society. However, there are few young people in Japan. From now on, it is obvious that young foreigners will be active as new Japanese. We have to make Japan the country that foreigners want to go to. If we don’t that, Japan will increasingly shrink. To be precise, Japan continues to shrink. Of course, Japan is one of the technologically advanced countries, so we will be able to improve our productivity by technology. However, technology can solve impending problems, cannot solve future problems. Such as, people who cannot walk well using a cane, but if they became people who cannot stand, use a wheelchair but not a stick. What if there are no wheelchairs in the future? Technology is useful at that time but will not be useful in the future. The shrinking Japanese population doesn’t stop, and it’s incredibly quick, so technology cannot be a concrete solution of population problem. And, Switzerland and Sweden are small countries but wealthy countries. These countries accept many foreigners. If Japan is not chosen by foreigners, young Japanese people will have to go abroad to work. If it happened, people who stay in Japan will be only many elderly people and few children. I think that we have to prepare for a symbiotic society in the Reiwa era.
What should we prepare? I have two ideas. First are regular intercultural exchanges. Nobody can understand each other without exchanging ideas. It can have good effects when we do regular, appropriate intercultural exchange. An appropriate intercultural exchange with a kind attitude. Japanese have a good a kind attitude. Second is correcting legislation. According to Ryukoku University research of Vietnamese technical interns in 2014, 97% of them have a good impression of Japan before they came to Japan, but that became 58% after they lived in Japan, furthermore unfortunately a bad impression increased to 37% from 0%. I think this cause is law. Of course, the Japanese companies that accepted them were not good. However, intrinsically this law of technical interns is for the intern not for foreign workers. Japanese companies forced them to work based on a different law. I think this immigration law will be kind to foreigners.
No matter what anyone says, Japan is shrinking. I hope to make my company to be kind and welcoming to foreigners.

| 一覧に戻る