今年の4月から、日本事業所内保育団体連合会(事保連)から日本社会福祉マネジメント学会(JASM)へと法人名を変更しました。


事保連は、もともとは事業所内保育を運営する法人のための小さな団体でした。
これまでは会員のために賠償保険を提供したり、シンポジウムを開催したりしていました。
2015年の子育て支援法施行後、徐々に会員数が伸び始め、2019年現在では250を超える保育所が加盟しています。
会員数が伸びてきたことを背景にニーズも多様化してきましたので、研究者への福祉研究費助成事業、保育士のキャリアアップ研修事業、受託研究など、事業の幅も広がりました。
結果的に、教員や研究者の加盟が増え、すでに事業所内保育のためだけの団体ではなくなってきたため、この度、JASMへと転換することになりました。
特に、私が力を入れたい分野は「受託研究」です。
社会福祉の分野においては、経営やマネジメントの側面から研究や分析がほとんどなされていないと感じています。
この度、学会へと転換したことで、多くの研究者の方々にも会員として協力していただいていますので、行政や企業から研究を受託できる体制を構築していきたいと考えています。
そうすることで、研究者は研究費を確保できて実績にもなりますし、法人は研究成果を今後の活動に活かすことができますし、その成果は利用者、ひいては社会へ還元されます。

組織は大きくなると行政も民間も研究組織を持つものですが、当社でもたくさんの研究成果をオープンにしていきたいと考えています。
世界最大の研究組織はマイクロソフトリサーチだと思うのですが、その予算額は1兆円にのぼるのだそうです。
世界的に見ても、民間企業の方が行政や大学よりも研究はしているのですが、日本の研究開発日の総額は大体18兆円くらいらしいので、マイクロソフトという1つの民間企業だけで日本の5%以上の研究開発費を締めることを考えると、その偉大さがわかります。
そこまでとは言いませんが、当社も地道に価値ある研究を進めていきたいと思っていまして、すでに今年からいくつかの研究がスタートしています。
1つは、高齢者と子どもの世代間交流です。
世代間交流はイメージが良いので、世間一般的にも好印象で受け入れられがちですが、実際にところ、世代間交流の何がどのくらい利用者にとって良いのかは私の中では明らかにはなっていません。
私は、共生社会においては、この世代間交流は必須だと思っているので制度化したいのですが、制度化するためにはマネジメントや生産性の側面から研究すべきだと考えています。

もう1つは、AI・ICTの活用です。
ICTが徐々に浸透しつつありますが、実際にはICTを活用して生産性が高まる施設と高まらない施設があり、その差はリテラシーにあります。
つまり、運転免許を持っていないと車を使えないように、PCが使えないとPCを持っていても何もできません。
このICTに対する教育不足が生産性の向上を阻害している最大の理由です。
生産性が低いと、5分で終わる仕事を2時間もかけて終わらせることになり、その積み重ねで勤務時間は長引き、必要な人員の確保ができず、教育時間の確保もできず、最終的には心のゆとりを失います。
これからはAIやICTを活用できる人が良い環境をつくれる人になってくことは間違い無いのですが、車に乗ったことがない人が車の利便性を実感できないのと同じように、AIやICTを知らない人はAIやICTの必要性を実感できません。
そのためにも生産性の向上が良い効果を見出すことを証明する必要がありますので研究テーマの1つにしました。

他にも受託研究テーマはありますし、研究費を助成した研究者の成果などもシンポジウムや大会で発表されます。

そのシンポジウムが2019年6月8日(土)に錦糸町本部で「多様性を育む」をテーマに産官学連携のJASMシンポジウムが開催されますので、研究者の方や保育・障害の現場に携わる方々の参加をお待ちしております。

第一部 : 産官学JASMシンポジウム(10:00〜12:55)
【登壇者】
田中尚樹氏 厚生労働省 社会・援護局 発達障害施策調整官
トート・ガーボル氏 相模女子大学教授
鹿島田健氏 株式会社manaby役員
加藤夏希氏 女優・タレント、二児の母
金井智恵子氏 和洋女子大学准教授 ディスカッション・モデレーター

第二部 : 研究大会(14:00〜16:00)
発表者【研究者】
二宮祐子氏 東京女子体育大学・短期大学准教授 「保育実践現場におけるICTを活用した子育て・子育ち支援」
石井章仁氏 大妻女子大学准教授 「効果的な園内研修のあり方に関する研究」
尾野明美氏 小田原短期大学准教授 「保育者の専門性の発達に関する研究」
木村拓磨氏 名古屋経営短期大学講師 「生体情報、質問紙調査からみた保育者の業務実態」

We renamed JIHOREN to JASM.
JASM is ‘The Japanese Association of Social Welfare Management’. JIHOREN was originally a small organization for companies which have daycare centers in their companies. We had provided compensation insurance for members of JIHOREN and had held symposiums. The number of members increased after the child care support law went into effect which started in 2015, over 250 daycare centers have joined as of 2019. We expanded the scope of business through support for researchers with grants, commissioned research, training of nursery teachers. This was because this organization became more diverse with an increasing number of members. As a result, researchers and teachers joined JIHOREN, and so we transformed JIHOREN since it was no longer an organization for only the daycare centers in companies. I want to emphasize commissioned research in particular. I feel that the social welfare field should be analyzed from the perspective of management. JASM could obtain cooperation of many researchers because of this transformation, we will structure JASM to be able to receive research from companies and the government. Accordingly, researchers can obtain their expenses and can have their achievements. On the other hand, companies also can utilize the results of research for their businesses, eventually the results will be passed on to society. Some organizations have research institutions when they become big organizations, someday we want to expose a lot of research. It seems that the biggest American research institution is Microsoft research, whose budget seems to be one trillion yen (1,000 billion dollars). Throughout the world, private companies research more than governments and universities. The budget of all research in Japan is 18 trillion yen (18,000 trillion dollars), so the budget of Microsoft research is equal to about 5% of that. We can recognize the magnificence of Microsoft research. Of course, we cannot obtain the same budget, but we want to advance valued research steadily, and we already started some research this year.
First of all, intergenerational communication between the elderly and children. Generally intergenerational communication has a good impression, but in fact nobody knows what is good about intergenerational communication. I think intergenerational communication is required for an inclusive society. Accordingly, I hope that facilities which have intergenerational communication become a national policy.
Another is AI and ICT (internet communication technology). ICT is being introduced gradually but actually there are two types of daycare centers. One increases their own productivity another decreases their own productivity. That difference comes from literacy of technology such as laptops. Simply put, people who cannot use a laptop cannot do anything even if they have a laptop like people who don’t have a driver license cannot do anything even if they have a car. This lack of technology education is the biggest reason productivity is impeded. If productivity is low, it takes two hours to finish tasks which you can finish in five minutes. That accumulation makes worktime longer, impedes deploying the proper staff, and eventually nursery teachers lose their minds.
From now on, it is no doubt that the nursery teachers who can utilize ICT and AI can create a good environment, but nursery teachers who don’t know about ICT and AI cannot feel what is necessary like people who haven’t driven a car cannot feel the convenience of a car. For that, we need to prove that high productivity has good effects, and I chose one of the research themes. We have other themes, and also researchers who obtained our grant last year will do presentations in a symposium. Industry-Government-Academic cooperation JASM Symposium will take place on June 8th (Sat) in Sumida Ward with the theme of ‘Developing Diversity’. We would like any researchers and people who are working in the field of childcare or developmental disorders to participate in this symposium.

| 一覧に戻る