カンボジア出張から帰ってきました。
今回の出張は、global bridge奨学金の説明会とテストと土地の視察が目的でした。今年は昨年の30名の2倍の、61名の高校生が受験に来てくれました。
今年から、シェムリアップの中心にあるUSEA(University of South-East Asia)という大学を試験会場としていますのでアクセスも良くなりました。
来年は今年の3倍以上の200名以上の学生が受験してくれるそうなので、今から楽しみです。試験なので倍率がある以上、質は量に比例しますので、より熱意ある学生に応募してもらえるよう内容を充実させていきます。
カンボジアでの活動を振り返ってみると、最初はカンボジアに小学校を寄付するところから始まり、次は幼稚園を建てて、その次は奨学金を支給し、今は養成校を建てようとしています。
次はどんな未来が待っているのかはまだ書けませんが、今までの実情はglobal bridgeどころかChiba bridgeでしたが、ようやく社名の通りglobal bridgeに近づこうとしています。

今回の出張での学びは「持続可能性の重要性」でした。
事業に限った話ではありませんが、何事も継続できないと意味がありません。
しかし、途上国支援をする方々の中には、基本的に赤字経営、もしくはギリギリの状態で運営し、他者からの寄付でなんとか成り立っている状態をよく見かけます。
基本的に、途上国支援では資金を使う側の仕事になるのですが、資金を使うためには当然ですが使うための資金が必要です。
したがって、資金を使うためには利益を捻出しなくてはなりません。
当たり前ですが、利益を出せない会社が資金を使うことは原則的にはできないのです。
それなのに、無料でサービスを提供して赤字経営だったり、その先も未計画なことが多いです。
私は、お金は稼ぐよりも使う方が圧倒的に難しいと思うのですが、自分のためにお金を使うよりも他者のために使う方が幸福感を得やすいため、その幸福感に酔っている間に資金を使い果たしてしまいます。
それでもなんとか体を張って休むことなく頑張るのですが、余裕のない環境が続くと、次第に視野が狭くなり、「自分はこんなに厳しい状態でも良いことを頑張っているのだから絶対に正しい」と独善的になり、そんな自分の価値観と合わせようとしない他者は誰であっても否定します。
そして、きちんとビザを取得して入国したのに「君は何故この国に来たのか?」と、まるで自分の国への侵入を拒むかのように話したり、頼んでもないのに「君たちの考えは良いことだからから協力してあげよう」と評価したり手を出してこようとしますが、そもそも他人の国に来た理由や行動を評価して処遇を決める権利は誰も持っていません。
ましてや、自分の事業も満足に結果を出していないのに、勝手に評価して、協力すると決めるなんておこがましい限りですし、評価された方の立場からしても、事業が頓挫したり、最悪共倒れしてしまう可能性も高く、迷惑な話です。
嘘のような話ですが、実際にこうした話はたくさんありますし、私もカンボジアを訪問して10年経ちますが、こうした考え方になってしまった法人や個人は後を絶ちません。
私は基本的には関わりたくないので何もリアクションはしませんし、何もわからないふりをしますが、まずは自分の事業を大きく成功させることに集中してもらいたいものです。
なぜなら、事業の持続を可能とするための利益という実績をだしていない以上は誰からも相手にされないからです。
どんなに立派に語った理念や考えも、事業として成り立っていないので参考になりません。
自分ができていないのに他者を評価したり否定したりしてしまうので当然、孤立化していきますが、それでも自分が正しいと思っているので、行動や考え方そのものが改善されることはありません。
いつまで経っても改善されないので、大きな事業はもちろん、小さな事業も成功させることができません。
小さな事業を軽視しているわけではありませんが、支援につながる事業なのですから、大きい事業の方が多くの人への支援になりますし、今日も明日も課題は解決されずに存在していますし、支援を待つ相手もいつまでも待ってはくれませんから、可能な限り早い段階で大きくすべきです。
しかし、それが出来ないので、最終的には、うまく利用してやろうと近寄ってきた悪意ある他者からの小額の寄付を頼り、寄付を受け取った以上はその寄付者の言うことを聞かざる得ず、よくトラブルになっていますし、その悪意ある他者の存在が原因で健全な寄付さえも集められず、次第に何をしているのかわからなくなっていきます。
ですから、まずは事業を持続可能とするための利益という実績を出さなくてはなりません。
事業を事業として成立させることができていないことが、トラブルの最大の原因です。
そのための事業計画も立てなくてはなりません。
先進国であろうと途上国支援であろうと利益がないと継続できませんので、この困難な課題解決をなんとかして実現しなくてはなりません。
本来、これを経営と言うのだと思います。
逆に、実績を出しているもの同士は集まりますので、さらに大きな実績につながり、最終的には大きな貢献へと発展していきます。
実績をだしている人は、実績をだしていない人と会う必要がないし、仮に会ったとしてもその一度きりなので関係は発展しません。
ですから、事業の持続可能性を考えて実現させることは何よりも重要です。
今回、持続可能な大きな事業計画を立てましたので、実現に向けて行動していきたいと思います。

 

 

I came back to Japan from Cambodia.
This business trip had 2 purposes. 61 high school students participated in our scholarship this time; the number of students is double as compared to last year. We could use USEA(University of South-East Asia) which is located in the center of town as a test center from this year. Therefore, it was easier than last year for many students to get there. Next year, over 200 students (over 3 times this year’s number) may participate in our scholarship, so I’m already looking forward to it. Quality is proportionate to quantity because the examination is competitive. Therefore, I have to make the test of this scholarship more difficult to collect many students who have passion.
Looking back, our involvement in Cambodia started with a donation to a elementary school 10 years ago, then we built a kindergarten, and then have provided scholarships since last year. And now we have a plan to build a training school. I cannot write the future plan, but now we are approaching ‘global bridge’ like the actual name of our company, even though we were still ‘Chiba bridge’.
On this business trip I learned about the ‘importance of sustainability’. It is meaningless if the business doesn’t continue. However, I often see people who support developing countries come from companies who are in the red basically or cannot run their companies without donations. Fundamentally, the work in developing countries is investment, but naturally if you want to invest you need capital. Furthermore, everybody has to make money to invest. In principle, it is obvious, but no one can spend money unless they are making money. I think that to spend money is predominantly more difficult than to make money, but to spend money for others gives us more happiness than to spend money for ourrself, so they blow their capital while being fascinated with that. Nevertheless, they had work without holidays, but the tough environment gradually makes their mind closed. And somedays, they have self-righteous thinking such as ‘I am definitely right because I had worked for developing countries despite the tough environment’, they deny other opinions and values no matter what they are. And despite newcomers came here with visa and people who work developing countries question new comers strictly just like they are that country’s citizen, ‘Why did you come here? What’s your purpose?’ and despite not asking for their help, they assess newcomers with this phrase ‘Your plan is good, so I will give you help’. In the first place, nobody has the right to assess someone’s plan and the reason for coming to developing countries. Needless to say, it is arrogant to assess someone and decide on cooperation without asking despite not having their own results. Also, newcomers who are proposed cooperation worry about meeting their same terrible fate. And these are their two last phrases. If they want to use and abuse, they say that I expect a lot of you. if they feel different values, they say I’m sorry. It is an incredible story, but in fact, there are so many of these stories. Over 10 years have passed after I visited Cambodia for the first time, there is no end to people who have arrogant thinking. Basically, I don’t want to have anything to do with such people, but at first, I want them to say something after producing at least some results. However, nobody is interested in that unless the results are profits of making a business sustainable. It is not a reference since their business doesn’t succeed, even if they have a respectable philosophy. Even though they don’t succeed in their own business, they cannot stand denying others, then they stand alone. However, they don’t improve since they believe in themselves. They cannot succeed not only in a small business but also a large business since they never improve. I don’t deprecate a small business but that business in developing countries becomes a support of developing countries. So, they should work up to a large business as much as possible for an original purpose. However, they cannot do it, finally they rely on small donation of others who have maliciousness. They have to follow the donator after accepting their donations, then they often fight about future policy. Moreover, they cannot collect wholesome donations because of the existence of horrible people, then gradually nobody can understand what they are doing. At first, they have to earn a profit to continue sustainable business. Not being able to earn a profit is the biggest cause of troubles. They have to make a plan to realize their business.
It is impossible to continue business without a profit even in developed countries. I think management can solve this problem. On the other hand, people who have achievements get together with each other. Because they can create big accomplishments, finally that accomplishment will develop bigger contributions. Unfortunately, people who have achievements don’t need to meet people who don’t have achievements, and even if they meet each other, the former never sees the latter again. As a result, to think of a sustainable business is more important than anything else.
This time, I made a sustainable plan, I want to realize it.

| 一覧に戻る