当社の子会社役員を募集します。
現在、当社は‘やすらぎ’というブランドで有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅を運営していますが、これから介護事業をまずは100億円規模まで拡大させますので、その担当役員を募集しています。

主なタスクは2つで、1)介護施設の立ち上げと2)介護人材採用と育成です。
1)介護施設の立ち上げについては、直営保育園と同じ立地(東京、千葉、大阪)に出店しますので、すでにこれまで構築してきた物件チャネルも構築できており、滞りなく遂行できると考えています。
2)の介護人材採用と育成については、介護業界においては従来の手法では難しいと考えています。逆に、この大きな困難を乗り越えれば大きなチャンスに変わります。これからの介護人材の採用については外国人採用の体制と、その教育は必須であると考えています。

今から20年後の2040年の日本の高齢者数は約3,920万人と予測されていますが、実は2020年の3,619万人と301万人差であり、全体から見るとさほど変わりません(300万人は小さくは決してないですが)。
問題は、2020年の生産年齢人口(15〜64歳)7,406万人が、2040年には5,978万人にまで1,428万人も減少してしまうことです(さらに、この5,978万人も、当然、高齢化しています)。
これにより、高齢世帯人口の比率は、2から1.5、最終的には1.3にまで現役世代の負荷が高まります。

高齢化の推移と将来推計(平成30年版高齢社会白書)

これらを解決するためには総合的な戦略が必要ですが、私が考える最も効果的な施策は、今まさに増えている高齢者と、これからさらに増える外国人です。
今も老老介護は社会問題となっていますが、適正なマッチングが可能になれば健康な高齢者は要介護者と同世代で価値観の合う貴重な介護職員となるはずです。
そして、外国人においても日本語検定をクリアし、介護の専門技術も身につけた優秀な人材となるはずですので、介護の質の向上に大きく期待できます。
そのための環境も10年来訪問し続けているカンボジアで構築できつつあり、すでに何名かの優秀な学生が当社の考えに賛同して大学に通っています。
また、当社のグループには、ICT技術部門の会社もありますので、介護ロボットの開発が可能な体制を持っています。
外国人、ロボット、高齢世帯等のリソースを十分に活用しながらシナジー効果を高め、経営していかなくてはならない時代であるため、ともにこの社会課題の解決に向けて取り組んでくれるglobal life careのボードメンバーを探しています。

これからの日本の介護事業のあり方を変える仕事になるので、志を持った若手に委ねたいと考えています。
働き方のイメージとしては、介護だけでなく、写真のような海外の土地を開拓しながら10年以上はかかる大型プロジェクトの事業展開も視野に入れていかなくてはなりませんので、商社のような働き方になると思います。
ご興味を持っていただいた方は、メールで私宛にご連絡ください。
o-saiyo[@]globalbridge-hd.com
よろしくお願いします。

 

We are recruiting an executive officer for our elderly care department.
We manage two nursing homes called ‘YASURAGI’ now, we have a plan to expand the elderly business to a revenue of 10 billion yen a year.
Therefore, we are looking for an executive officer for our elderly department.
Mainly, there are two tasks, one is to develop the nursing homes ‘YASURAGI’, the other is to recruit care-persons and educate them.
With regard to developing nursing homes, we have a plan to build them in the same areas as our daycare centers (Tokyo, Osaka, Chiba), therefore I think we can develop nursing homes without a big problem since we already have partnerships with construction firms.
With regard to recruiting care-persons and educating them, I think that it is difficult to realize in the elderly business field, if we use the customary methods. Conversely, I think that if we overcome these problems, we will be able to get a competitive edge. We have to employ a lot of foreign care workers.
In 20 years, the population of elderly people in Japan is estimated to be 39.2 million. Actually, this number is almost the same as the population (36.1 million) in 2020.
The problem is that productive age population (15-64-year-old) of 74,060,000 in 2020 will decrease to 59,780,000 in 2040.
It is a decrease of 14,28,000 people. The rate of the working generation which has to sustain elderly households will drop to 1.5 from 2, and eventually will drop to 1.3, so the burden on the working generation will increase. We need a comprehensive strategy to solve these problems, but the efficient solutions are utilizing the increasing number of elderly and foreigners.
Today, the elderly caring for the elderly is a social problem, but if we can find the appropriate and healthy elderly, they will be a precious care person who has the same values as the elderly who need care. Moreover, we can expect an improved quality of care because foreigners clear the high level of the Japanese language examination and obtain the techniques and knowledge of elderly care. The environment for that has been created in Cambodia which I have been visiting for 10 years. Some excellent students share our views and they go to university. Moreover, we will establish a new company as ‘global bridge (Cambodia) Co.,Ltd’ in Cambodia. Also, we have an ICT technology company in our group, we can develop an elderly care robot in the future.
In this age, we have to utilize every resource such as foreign labor, robots and the healthy elderly, and then manage companies with an enhanced efficiency and synergy. I am looking for a talented person who can join us to solve these social problems.
The salary is over 10 million yen per year and includes stock options.
The application deadline is at the end of 2019.
If you are interested in this job offer, please inquire at (o-saiyo@globalbridge-hd.com).

 

, | 一覧に戻る