もともと、私には、人間は生まれ持った能力を全て開花させるべきだという信念があります。
そのための教育が不可欠であり、それを可能にするためのシステムを開発しなければならないと考えています。
一人に対する最適な教育は、一人の優秀な教師によって実現可能かもしれません。
しかし、数百、数千、数万の子どもに対する最適な教育は、一人の教師では不可能です。
特に、未就学の子どもに提供される保育は、わからないことが多いために難しいです。
しかし、難しいことを理由に諦めていては解決されません。
不可能を可能にするためのシステムが必要であると考えています。
子どもの成長をサポートするためには、まずは健康面のサポートができることが重要です。
保育園は、子どもがどのような時に健康を損なっているのかを、ある程度正確に把握する必要があります。
なぜなら、その間、子どもが成長の機会を無駄に損なってしまうからです。
そして、最も効果的な日々の活動を提供できること。
どのような活動が子どもにとって最適なのかを考えるカリキュラムマネジメントとセットで考えなくてはなりません。
当社は、この2つの実現に向けてシステムを開発しています。
本質的には、システム導入の効果の恩恵は子どもの成長に向かわなくてはならないと考えています。
事務時間の削減、書類作成の省略化などの生産性向上も重要ですが、それだけが目的ならこのような大規模なシステム開発はしていなかったと思います。
しかし、私は、保育業界にシステムがある程度まで普及するには、あと10年はかかるだろうと予想しています。
Wi-FiやPCの設置など、環境整備が遅れている公立保育所に至っては、さらにもう10年はかかるかもしれません。
他の産業とは異なり、社会福祉事業の収入は公定価格によって上限があるので、まずはICTシステムで生産性を向上させなくてはならないと考えて、2011年にCCSを開発してリリースしました。
リリースから約8年が経ち、保育システムを開発する企業も増えたので、今では20種類以上のシステムがあるそうで、保育事業者にとってもシステムの選択肢が増えました。
また、最近は、大手の保育事業者がシステム自体を自社開発をする事例も増えてきたように思います。
これは個人的な感覚ですが、自社導入のために開発したシステムの黒字化はかなりハードルが高いと思います。
弊社のCCSも約400ヶ所の全国の保育所に導入した頃から、ようやく黒字化してきました。
企業によって事情が異なるので一概には言えませんが、同じ認可保育所を複数経営している弊社の実例を踏まえると、システムを自社開発している保育事業者も直営保育所が400ヶ所を超えない限り黒字化しないということになります。
しかし、最大手の保育事業者でも30年以上の社歴を重ねて、ようやく400ヶ所の半分程度ですので、私には現実的は投資とは思えません。
黒字化を目指して外販を計画すると、今度は20種類のシステムとの競争になりますから、営業や広告のコストが重くのしかかり、黒字化はさらに先延ばしになるでしょう。
あとはシステム会社と保育事業者が協業する道も残されていますが、私は他業界含めても協業で成功した事例をほとんど知りません。
システムが普及するまでの10年間をどのように乗り切っていくのか、そしてその先に何があるのかを考えながら、システム開発会社は今から綿密に計画を立てなくてはならないと思います。

あい・あい保育園で取り入れている就学支援の1つ。IQパズルの風景です。

Childcare × AI
Originally, I believe that human beings should display their own inherent abilities.
I think that the education for that is essential and we have to develop a system to make that.
Suitable education for one child may be possible, but suitable education for several hundred, several thousand, several tens of thousands of children is impossible.
Especially, childcare for preschoolers is difficult because there are a lot of things we cannot understand about them.
However, nothing is solved if we give up because it is too difficult.
I think that we need the educational system to make the impossible possible.
At first, we have to support children’s health to support for their growth.
Daycare centers should know how and when children become an unhealthy because children lose the opportunities to growth when they are absent.
If nursery teachers know the children’s health status, they can advise parents.
Second, we have to provide the most effective activities for children.
We have to think about curriculum management.
Our company has been developing a system to realize these two purposes over the past few years.
Essentially, I think that the introduction of system should help children’s growth.
Of course, productivity such as the reduction of office hours and time spend which is making documents is important, but we would not have developed this system if the purpose was only this kind of productivity.
Our purpose is improving educational productivity.
However, I think that it will take over 10 years to permeate through all daycare centers.
It may take over 20 years in public daycare centers which have been slow to introduce an IT and Wi-Fi environment.
The productivity of the welfare field has to be improved because tuition is fixed by the government, so we released CCS in 2011.
8 years have passed since we released CCS, and the firms developing similar systems have increased to over 20.
Daycare centers can choose any of these systems.
Also, recently, large daycare center companies develop their own system by themselves.
In my opinion, it is difficult to make profits this way.
Our CCS system made a profit when we had more than 400 accounts.
I cannot say completely, because it depends on companies, but if my experience is correct, they will not make a profit even though their system is used by over 400 centers.
Furthermore, the biggest daycare center company has under 200 daycare centers, so, I don’t think that investment in this system is rational.
Also, if they sell their own system to make a profit, they have to compete other companies, they will spend money on advertising and sales.
Finally, daycare center company could also collaborate with system developer, but I don’t know a successful example.
Daycare center companies and system developer have to contemplate how to overcome this situation in 10 years before the system permeates throughout Japan and think about there will be in the future.

, | 一覧に戻る