先月は、ベトナムとカンボジアの出張に行ってきました。
今回も、多くの視察を行い、貴重な出会いがありました。
まだ、日本のように介護保険制度や保育園の設備等が十分に整っていませんが、徐々に発展している様子が伺えました。
ベトナムのホーチミンでは 300名定員の介護施設を見学することができ、カンボジアではシェムリアップ州の教育局長と面会し今後の当社の活動について賛同を頂くことができました。
実感値ですが、おそらくあと20年くらいでベトナムでの介護制度が整うのではないかと思いました。
2019年1月時点において日本の外国人数は266万7千人となり、日本の総人口の2%を超えたそうです。
また、2019年4月1日に外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管理法が施行されたことにより、日本は今後さらに多様化と多文化を重ねながら共生社会へと進展することになります。
正確な統計値はわかりませんが、大まかな人口推移を見ると、例えば、ASEAN諸国の人々が大学卒業後に外国人労働者として日本で介護の知識と技術を学び、母国に帰国する頃には、これから少子高齢化社会を迎える母国で貴重な介護ビジネスのプロとして活躍することでしょう。
また、その頃には、首都圏を中心に待機児童問題も顕在化し、保育ニーズも高まるため、日本の保育や未就学教育も参考になると思います。
そのためにも今から相互交流を行い、10年度、20年後、30年後の未来を見据えて、互いに理解を深めながら協力していける関係を築いていかなければならないと実感した出張になりました。
私たちも未来を見据えて、今から準備を始めなければなりません。

カンボジアでは、私の好きなトゥクトゥクもアプリでウーバーのように呼べるように進化していました。

Making a long-term investment

I went to Cambodia and Vietnam last month.
I looked around many places and had a lot of precious encounters.
Vietnam doesn’t have a nursing care insurance system or child care facilities yet, but there are gradual signs of development.
I could visit a nursing home in Vietnam which has a 300 capacity and could meet the Provincial Director of Education of Siem Reap in Cambodia.
He agreed with our plans in Cambodia in the future.
I think that Vietnam will have the nursing care insurance system in 20 years.
In January 2019, the number of foreigners in Japan was over 2,667,000, which was over 2% of Japan’s population.
Also, April in 2019, modified Japanese immigrant law to accept foreigners will inclusive society with developing diversity and cultures in Japan.
I don’t know the correct statistic, if foreigners in ASEAN go to Japan to work in the elderly business and study the knowledge and skills of Japanese elderly care, they will be professional care givers in their countries which will become aging societies.
Also, because a lack of vacancies at nursery schools will become apparent in the capital, requisition of child care will increase, so Japanese child care and education will be utilized.
I felt that we have to communicate with each other while looking 10, 20 and 30 years into the future, we also have to understand each other.
I have to prepare and provide for our future.
In Cambodia, everybody can call Tuktuk which I like by an app.

| 一覧に戻る