春頃から絵本びーぼの第3弾を書いていまして、ようやく書き終えました。
タイトルは、「びーぼとまほうのやさい」です。
10月頃には出版できると思います。
びーぼの絵本シリーズは、当社が開発した子どもの発育をサポートする保育ロボVEVOに、子どもと保護者と保育士に親しんでもらえるように書きました。
文科省と厚労省が告示した「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」に沿って現実的な内容で書いていましたが、もっと楽しんで読んでもらえるように徐々にファンタジー色を強くしています。
「びーぼとまほうのやさい」では、野菜が苦手な男の子が、助けを求めている友達のために、食べると強くなる魔法の野菜を食べて、敵に立ち向かっていくストーリーにしました。
まだ、誰にも見せていませんが、楽しんでもらえると嬉しいです。
第4弾も時間を見つけて書き始めたいと思います。

 

VEVO and the Magical Vegetable

I finished the 3rd edition picture book of VEVO which I started writing in spring.
The title is ‘VEVO and the Magical Vegetable’.
That will be published this October.
I wrote this picture book for children, parents and nursery teachers to get familiar with VEVO which we made to support the development of children.
At first, I wrote this series with consideration to ‘The 10 things which Japanese government wants to cultivate by the end of early childhood’.
I created a realistic story, but I gradually emphasized fantastical colors for children can read with enjoyment.
In this story, a boy who doesn’t like vegetables eats vegetables which can make him strong to help his friends and fight his enemy.
I haven’t released this story yet, I hope you like it.
I have to find time to write the next story, the 4th edition.

| 一覧に戻る