厚生労働省によると、2018年現在の日本人の平均寿命は、女性が87.32歳、男性が81.25歳で、ともに過去最高を更新した。
前年比で、女性は0.05歳、男性は0.16歳延びた計算になる。当然、世界的にもトップクラスの平均寿命の高さである。
少子化である日本では、高齢者の年金・医療・介護に代表される社会保障サービスの費用を現在の若者(=将来必ず高齢者になるのだが)が負担することについて、一層の少子化を助長するのではないかとの懸念が大きい。
次に、死因についてである。2018年の死因別死亡確率を見ると、0歳では男女ともに「腫瘍(癌)」が最高で、次いで、男では「心疾患」、「肺炎」、「脳血管疾患」、女では「心疾患」、「脳血管疾患」、「肺炎」の順。65歳では男女ともに0歳に比べ「腫瘍」の死亡確率が低く、他の3死因の死亡確率が高くなっており、75歳では更にこの傾向が強くなっている。90歳では男女とも「脳血管疾患」の死亡確率が75歳より低くなっている。日本人の3大死因である癌、心疾患、脳血管疾患による死亡率の低下が、平均寿命を延ばしていると言えるだろう。また、昨今の健康意識の高まりもあって、寿命が更に延びる可能性があるとの見解も厚労省は出している。
高齢期の“Quality of Life”(QOL)を向上させるためには、健康寿命と平均寿命の差を小さくするよう健康寿命を延ばす努力が必要である。「健康寿命が長い」ということは、「死ぬ直前まで元気に生活する」ということである。
健康寿命が短いということは、当事者はもちろん、親族など周囲の人たちまでもがQOLの低下に悩まされるだろう。例えば、医療や介護に要する費用の増えてしまうことや、介護のために仕方なく家族が離職することなど、健康寿命が短いことで関連する家計に与える打撃は深刻になることがある。
また健康寿命の短さによる影響はそれだけではなく、しばしば報道される“介護殺人”がもっとも悲惨な事件と言えるだろう。いつ終わるかわからない介護の日々に心身が疲れ切ってしまい、親族介護者が突如として殺人者へと変貌してしまう。
そうならないためにも、可能な限り健康寿命を延ばすビジネスがもっと発展しなければならない。高齢者と子どもの世代間交流事業などは、研究の余地が大いに残されている分野だろう。

出所:厚生労働省政策統括官付参事官付人口動態・保健社会統計室(2018)「平成29年簡易生命表の概況」p.5
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life18/dl/life18-04.pdf

The impact of intergenerational exchanges on shifts in average life spans in major countries

In 2018, the average Japanese life span was 81.25 for males, 87.32 for females.
Both were new records.
The average female life span increased 0.05 compared to the previous year, and for males it increased 0.16 in the same period.
There is an apprehension that the youth have to support the cost of the elderly’s pension and healthcare.
As for the cause of death in 2018, tumors were No.1 for both males and females under 1 year old, followed by heart disease, pneumonia, cerebrovascular disease in male case, as for females heart disease was No.2, followed by cerebrovascular disease and pneumonia.
Cerebrovascular disease for people over 90 decreased compared with a 75-year-old. The declining of the top 3 of causes of death in Japan, cancer, heart disease and cerebrovascular disease enhanced the average Japanese life span.
Also, according to the Ministry of Health, Labor and Welfare, the increasing health consciousness also attributed to the increase.
Effort is needed to reduce the gap between the average life span and healthy life span to enhance the elderly’s QOL (quality of life).
‘Having a healthy and long life span’ infers that ‘the elderly can live with vigor until immediately before death’.
‘A short healthily life span’ will reduce QOL of relatives. For example, the cost of medical care and nursing home increase, relatives have to quit their jobs.
It is a serious issue. The most serious problem is murder among the elderly.
Older care givers are exhausted by daily care which nobody knows when the end of, then they will become a murderer.
We have to find a new business to expand the elderly’s healthy life span as much as possible.
I think that intergenerational exchange between the elderly and children has that possibility.

| 一覧に戻る