図は、1976年から2018年までの42年間男女別の一般労働者と時短労働者の平均勤続年数である。男女別、労働時間別ともに、全体的に上昇傾向にある。
しばしば、「最近の若者は仕事が続かない」、「仕事で失敗したり、上司に叱責されたりするとすぐ職場に来なくなる」という声を年配者から耳にすることがある。しかし、仮に、四年制大学を卒業して1976年に就職した者は、2019年現在では高齢者に属する65歳前後という計算になり、「最近の若者は」と言う年配者は、今の若者よりも勤続年数が約3年も短かったことになる。石の上にも3年である。
勤続年数が伸びた背景には、保育所の量的拡充も一因としてあげられるだろう。保育所を利用することで、出産を機に退職することなく勤務が継続できるからだ。特に、2014年頃からさらに上昇傾向にある。2014年は、2015年に施行された子ども・子育て支援法によって新たに創設された小規模保育等が都心部を中心に前倒しで実施された年である。
同時に、保育士の平均勤続年数も上昇させていかなくてはならない。厚生労働省が公表では、秋田県と長崎県の除き、全ての都道府県で全業種よりも短い。もっとも長い秋田県の保育士の平均勤続年数は、15.9年、もっとも短い佐賀県ではわずか約4年であった。全都道府県の保育士の平均勤続年数は約8年である。上図によると、女性の平均勤続年数は約10年であるため、全国的に見ても保育士の平均勤続年数は長くはない。
そのため、保育士のための保育所が当然に必要である。いくつかの自治体では実施されているが、保育士等が保育所への入園希望をする際は点数を高くするなどの対策は必須と言える。本来的には、無条件で入園させても良いくらいだ。保育士の保育利用を優遇することは、保育士の量的確保の他にもメリットはある。例えば、保育士の重要な役割の一つとして保護者支援がある。児童福祉法第18条第4項にも「保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者をいう。」と定義されています。しかし、理解が知識と経験の2つが揃ったときに成り立っているとするならば、実際には、保育士自身が子育ての知識だけではなく、子育ての経験を有することで初めて、「児童の保護者に対する保育に関する指導を行う」ことができると言えるだろう。そのためにも、保育士の保育所利用を無条件とする便益は大きいと言える。


出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」
https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/timeseries/html/g0213_01.html

 

The average length of service reveals the benefit in nursery teacher being able to use daycare centers unconditionally

This is the chart that displays the average length of service for full-time and part-time male and female workers from 1976 to 2018. Both tend to increase.
Sometimes I hear that the younger generation doesn’t keep working or they don’t come to the workplace if they are warned or make a mistake.
However, people who found employment after graduating from university in 1976 are around 65 years old now, and their length service was over 3 years shorter than the present generations.
On the other hand, people always say perseverance will win in the end.
I could say that one of the causes of a length of service growth is the expansion of daycare centers because women can continue to work thanks to using daycare centers without leaving their job.
This growth especially tends to rise from 2014.
In 2014, the renewed child welfare law was introduced and mini-daycare centers for infants expanded in big cities.
At the same time, we have to extend the length of service of nursery teachers.
According to the Ministry of Health, Labor and Welfare, the length of nursery teacher’s service was shorter than all of jobs except Nagasaki and Akita prefecture.
The longest length of service was 15.9 years in Akita prefecture, the shortest length of service was 4 years in Saga.
All prefecture’s average length of service is around 8 years.
According to the chart, women’s average length of service is about 10 years, so nursery teacher’s average length of service isn’t long.
Daycare centers for nursery teachers are needed. Some municipalities already have these, it is needed when nursery teachers go to daycare centers, municipality should add points so that nursery teachers can use daycare centers. Inherently, nursery teachers should be able to use daycare centers without conditions.
There is another merit if nursery teachers use daycare centers without conditions. For example, the most important role of a nursery teacher is supporting parents.
The Child welfare law stipulates that ‘People who provide childcare and support parents with expertise and knowledge can say they are a nursery teacher’.
However, if understanding consists of knowledge and experience, nursery teachers should not only have knowledge but experience of parenting.
If that happens, they can support parents. So, I can say that nursery teachers using daycare centers unconditionally benefits society.

| 一覧に戻る