出所:首相官邸(2019)「保育士数」と「保育士の年収」の推移
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/taikijido/index.html

上記のグラフは、2010年から2018年までの保育士数と保育士の年収の推移である。2013年の310万円から上昇傾向にあり、2018年には358万円に達している。また、保育士数も増加しており、2017年時点の保育士数は46.4万人に達した。これからも首都圏を中心に保育所数は増加するため、保育士数も増加することは十分に予想できる。また、同時に保育士の年収も増加するだろう。
保育士の年収はどこまで上昇するのだろうか。また、その適正値はどこにあるのだろうか。個人的には小学校教諭の年収に限りなく近づくと予想している。平成28年度学校教員統計調査によると、小学校教諭の平均月収は33.6万円となっており、年収にすると400万円を超え、私立、公立、国立の順に高い。ちなみに、幼稚園教諭の平均月収は、22.2万円となっており、年収にすると約266万円であり、国立、公立、私立の順に高い。
2010年時点で比較すると、保育士と小学校教諭の年収差は95万円(保育士325万円、小学校教諭420万円)。
2013年時点で比較すると、保育士と小学校教諭の年収差は87.2万円(保育士310万円、小学校教諭397万円)。
2016年時点で比較すると、保育士と小学校教諭の年収差は76.2万円(保育士327万円、小学校教諭403万円)。
となっており、この10年間で約20万円の年収差が縮まった。
このペースで進むと、年収差がゼロに近くまで、あと30年以上かかる計算になってしまうが、保育士の場合は所得して含まれない家賃補助として年間約100万円や、国や自治体から支給される処遇改善費や手当てとして年間約50〜100万円が地域別に支給されるため、両者を単純に比較することは難しい。実質的には都心部の保育士の給与は小学校教諭の給与にすでに追いついているのかもしれない。
また、都心部の大手に保育事業者は、保育士を大量に確保するために給与を高めに設定することが多い。したがって、大手の保育事業者に就職する保育士の給与はさらに高くなるだろう。
政府は、2020年度末までに32万人分の保育の受け皿を確保するためには、国全体として新たに7.7万人の保育人材を確保していくことが必要と試算している。グラフの推移を見ると、2014年の39.4万人から2017年の46.4万人までに7万人の保育士が増えた間に、年収は25万円増加している。本来ならば、全国平均に届く給与水準が望ましいのかもしれないが、全国の年間平均給与である432万円の内訳は、男性532万円と女性287万円(平成29年分民間給与実態統計調査)であり、全国平均と違い職場の男女比率も平均年齢も異なるため、安易に全国平均給与と比較することは避けたいが、少なくともあと25万円の年収増が必要だろう。

Another ¥250,000 is needed to hire 70,000 nursery teachers.

This chart shows the number of nursery teachers and annual income of nursery teachers from 2010 to 2018. Their annual income increased from ¥3,100,000($31,000) to ¥3,580,000($35,800) from 2013 to 2018. Also, the number of nursery teachers was 464,000 in 2017. From now, the number of daycare centers will increase in the metropolitan area, in a similar way, the number of nursery teachers will increase. Moreover, their annual income will increase.
How far will their annual income rise? And how much is appropriate? In my view, a nursery teacher’s annual income will reach an elementary teacher’s annual income. According to research by the Ministry of Education、Culture、Sports、Science and Technology in 2016, an elementary teacher’s annual income was over ¥4,000,000. Private elementary school teachers have the highest, followed by public, national teachers.
Incidentally, a kindergarten teacher’s annual income was ¥2,660,000, national teachers have the highest, followed by public and private.
Compared to 2010, the gap of annual income between nursery teachers and elementary teachers is ¥950,000(nursery teachers ¥3,250,000, elementary teacher ¥4,200,000).
Compared to 2013, the gap was ¥872,000(nursery teacher ¥3,100,000, elementary teacher ¥3,970,000).
Compared to 2016, the gap was ¥762,000(nursery teacher ¥3,270,000, elementary teacher ¥4,030,000).
The gap shrank ¥200,000 over the past 10 years.
However, in nursery teachers’ case, the government and municipalities provide subsidies such as ¥1,000,000 a year for lent and ¥500,000 in a year for a special allowance.
It is difficult to compare both. Practically, a nursery teacher’s income might have already reached an elementary teacher’s income.
Also, large childcare companies in the metropolitan area tend to set a high salary to employ many nursery teachers. Therefore, the nursery teachers who work in large childcare companies will get a high salary. The Japanese government needs over 70,000 nursery teachers by 2020 to increase the capacity of daycare centers to 320,000.
According to the chart, annual income increased about ¥250,000 from 2014 to 2017, in the same period, the number of nursery teachers increased about 70,000 from 394,000 to 464,000.
A nursery teacher’s annual income is supposed to reach the average Japanese income, which is ¥4,320,000 (¥5,320,000 for males and ¥ 2,870,000 for females). I cannot compare both easily because the gender ratio and the average age are different, but I think at least ¥250,000 is needed to increase nursery teachers by 70,000.

| 一覧に戻る