出所:東京都福祉保健局(2019)「東京都保育士実態調査」
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/03/06/documents/05_01.pdf

図は、東京都が保育士の確保と育成を目的として東京都の保育士登録者48,000人に向けて2018年に実施した「職場選択時に重視した項目」の結果である。
「勤務地が自宅から近いこと」は就業のための前提条件であり、住居は移転することもできるため、実質的には2番目にある「職場の人間関係」をもっとも重視していると言えるだろう。同調査によると、保育士を辞めた理由のトップが、「職場の人間関係」(33.5%)であったことから、次の職場を探すときに「給与が高いこと」よりも「職場の人間関係」を重要視している結果となっているのだろう。
しかし、仮に人間関係を重視して職場を選択したとしても、また人間関係が原因で退職することは過去の調査からも明らかである。したがって、この人間関係についても、もう少し掘り下げて考えなくてはならないだろう。
人間関係とは二人以上の関係から生まれる心理的・感情的関係を指すが、誰との人間関係が正常に機能しなかったことで退職を決断しているのかを探らなければ、対策を打つことは難しい。つまり、誰との人間関係が壊れたことによって退職しているのかだ。保育士が職場で築く人間関係は、保護者、同僚、子どもの大きく3つである。それぞれに課題はあるものの、同調査においても「職場の人間関係」(22.6%)は「保護者や地域との関係性」(9.6%)よりも不満度が明らかに高い。保育士を辞めた理由の中でも、「職場の人間関係」が33.5%であるのに対し、「保護者対応等の大変さ」は7.4%と低い。また、子どもとの関係については、「習得を希望する知識・技術」の質問に対しても、「保育実技」や「特別な支援を必要とする子どもへの接し方」、「発達心理学」などが上位を占めており、子どもと接することに対して困難を感じているのかもしれないが、その困難に対して非常に意欲的であることがわかる。やはり、ここでいう「職場の人間関係」とは、上司や同僚と考えるのが妥当だろう。
同調査は、質、量、期間等、貴重なデータではあるが、退職した保育士が職場で築いた上司や同僚との人間関係が、なぜ正常に機能しなかったのかを明らかにしなければ対策を講じることは難しい。そのため、ここからは個人的意見になるが、おそらく矛盾やジレンマが原因であろうと予測できる。具体的には、「上司の言っている内容が矛盾しているため、その意味を理解できないジレンマ」に始まり、「上司の個人的な意見や推測など不確かなことを真実のように諭される矛盾」、「たとえ先輩が間違っていたとしても、立場的に意見が言えないジレンマ」、「自分の力量では解決できない困りごとを相談しても放置されるジレンマ」、「同僚が不適切な保育をしていたため注意したが、一向に改善しない矛盾」、「もとは他者の役割だった業務が期限を守らないなどの理由で自分の業務となるジレンマ」などである。
今後、こうした小さな原因を1つ1つ取り除いていくために、上司には論理性や批判的思考法、新人から中堅保育士には知識と技術を高める教育が求められるだろう。

 

What are the causes problems among nursery teachers?

This chart shows the results of the Tokyo government’s research of 48,000 nursery teachers in 2018. Is shows what was prioritized when nursery teachers looked for a new workplace. The top priority was ‘distance between home and workplace’, but this is a precondition for everybody. Practically, the second reason is the top, workplace relationship. According to the same research, the top reason for quitting was workplace relationship (33.5%), so most nursery teachers may place the most importance on personal relationships in the workplace rather than ‘salary’. However, according to the previous research, if they emphasize personal relationship in the workplace, they will quit for the same reason. Therefore, we need to think about their relationships.
Personal relationships are psychological and emotional relations between two or more people. It is difficult to solve unless we find the cause for strife. Simply put, who caused the strife? There are 3 types of relationships in daycare centers, those with parents, children and colleagues.
According to the same research, the dissatisfaction rate of ‘relationships in the workplace’(22.6%) is higher than ‘relationships with parents’(9.6%). Nursery teacher’s quitting because of relationships in the workplace is 33.5%, but ‘relationship with parents’ is only 7.4%. On the other hand, in the case of ‘relationships with children’, nursery teachers want to learn about the technique of childcare, the approach to children with special needs and developmental psychology. Nursery teachers feel childcare is difficult, but they have the desire to improve relationships with children. After all, relationships in the workplace which nursery teachers feel are difficult is relationships with colleagues and their boss.
This data is very important from the perspective of its quantity, quality and term. However, nobody can find the cause of why nursery teachers quit unless who caused the strife is exposed. In my view, the causes are dilemmas and contradictions.
Specifically, the dilemma that nobody can understand anything because what the headteacher said is a contradiction.
• The contradictions are follows: a nursery teacher is taught that superior’s personal opinion is true.
•The contradiction that if they warned a colleague because of bad childcare, they don’t improve.
•The dilemma that nobody can warn the boss even if they are wrong because of hierarchy.
•The dilemma that nobody helps nursery teachers even if they asked their superiors because their lack of ability.
•The dilemma that other’s tasks become their tasks because other nursery teachers didn’t finish by the deadline.
Superiors have to study logical thinking and critical thinking to solve these small issues, and her staff have to attain the knowledge and skills of childcare.

| 一覧に戻る