出所:金融庁(2019)「高齢社会における資産形成・管理」p.1
https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/02.pdf

65歳以上の認知症の人の推定者と推定有病率が示唆する現金以外の資産形成厚生労働省は、全国の100歳以上の高齢者は7万1238人となり、初めて7万人を突破したと発表した。また、ギネスワールドレコーズ(英国)から、福岡市の116歳の女性が「存命中の世界最高齢」と認定された。何事も表裏一体ではあるが、このような長寿という喜ばしいニュースは、認知症の増加という課題も示唆している。

2012年のデータであるが、65歳以上の認知症の人は462万人。これは65歳以上の高齢者の7人中1人に当たる。また、正常なもの忘れよりも記憶などの能力が低下している状態と言われる“軽度認知症”の人は400万人程度と推計される。これらを合わせると、65歳以上の4人に1人が認知・判断能力に何らかの問題を有していることになる。80〜84歳での認知症の有病率は、男性は6人に1人、女性は4人に1人、85〜89歳ではこの割合は倍となり、以降の年齢でも認知症の有病率は増加している。2025年には認知症の人は700万人程度にまで増加すると推計され、これは65歳以上の5人に1人が該当する計算になる。これは軽度認知症の人を含めていない。

個人差はあるが、誰でも、加齢に伴って認知・判断能力が低下し、心身の機能が衰えていく。生きる上で経済力は前提となるが、認知症の発症が認められると、本人の財産を守る手段として銀行が口座を凍結するなど、認知・判断能力の低下を理由とする金融サービス上の制限は多い。

大きな話題になった金融庁の「高齢社会における資産形成・管理」と題する報告書(2019年6月3日公表)には、こうした点に関して示唆に富む提言が少なくない。例示として、『夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職の世帯では毎月の不足額の平均は約5万円であり、まだ20〜30年の人生があるとすれば、不足額の総額は単純計算で1,300〜2,000万円になる』としている。
この提言には誤解に基づく批判が多かったが、この報告書に書いてある要点は以下である。
1)この不足額の総額はあくまで無職世帯の平均不足額から導き出したものであること
2)不足額は各世帯の状況やライフスタイル等によって大きく異なること
3)当然不足しない場合もあり得るが、長寿社会である以上は、今までより多くのお金が必要となること
4)長く生きることに応じて資産寿命を延ばすことが必要になってくること
である。
長寿社会においては、老後の生活において公的年金以外で賄わなければならない金額がどの程度になるか考えておく必要がある。超低金利時代、今の現役時代は、今から収入を生み出す現金以外の老後資産の在り方を模索しておくことは必須と言える。ただし、現金以外の資産はきれいに割り切れないために相続で問題になりやすいことも考えなくてはならない。

The Working generation needs to create profitable assets

The Ministry of Health, Labor and Welfare announced that there are 71,238 elderly over 100 in Japan, surpassing 70,000 for the first time.
Guinness certified a 116-year-old-woman as the oldest person in the world.
That happy news may also suggest issue such as dementia are increasing.
There were 4,620,000 people who have dementia over 65-years-old in 2012.
This number is one out of seven of elderly people. Also, it is estimated that there are about 4 million people with “mild dementia” who have a lower ability for memory than normal forgetfulness. Together, one out of every four people over the age of 65 has some problem with cognition and judgment skills.
One out of every six people aged 80~84-years-old have dementia (in the case of women, one out of 4), this number is double for in 85~89-years-old. Moreover, it increases for those over 90-years-old.
It is estimated that there will be 7 million people who have dementia in 2025. This number is one out of 5 people over 65-years-old. This number doesn’t include people who have mild dementia.
Everybody loses their judgment and physical ability with aging.
Money is essential in our lives, but if people have dementia, their financial services may be restricted due to decreased judge (I.e. having their accounts frozen)
Asset Formation & Management in the Aging Society published by the Financial Services Agency indicates these problems.
For example, this report said that a household in which an over 65-year-old husband who doesn’t have a job and an over 60-year-old wife who doesn’t have a job will have a ¥50,000 shortfall every month. If they live another 20~30 years, the shortfall will be ¥13,000,000 ~ ¥20,000,000.
This suggestion was criticized a lot, but it has 4 points.
1 ) This shortfall is calculated based on the average of households which have no job
2) This shortfall is different for each situation and lifestyle
3) Some households may have enough money, but people need more money as far as in Japan’s aging society
4) Everybody has to prolong their profitable asset life as their life is long.
People have to think about the amount of money they may lack in their retired. Especially, the amount of money besides public annuity.
It is essential to create profitable assets in preparation for old age in the low interest period.
However, we should not forget that assets other than cash and stocks are not able to be divided perfectly. These assets tend to be problems.

| 一覧に戻る