出所:一般職業紹介状況(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/000528467.pdf

グラフは、2015〜2019年までの保育士の有効求人倍率の推移を表している。毎年、保育士の求人倍率は上昇しており、全職種の求人倍率を下回ったことがない。日本の場合は、4月が年度の始めであるため、年度末である1月前後にピークを迎える。2018年の最高求人倍率は3.64倍であったが、これは全国の平均であるため、東京の求人倍率は6倍を超える。
保育ロボットVEVOは、当初、global bridgeが開発した保育園業務支援ソフトであるCCS(Child Care System)の機能の一部として、保育士不足を解消するために2017年に開発された。現在、東京、大阪、千葉など10ヶ所の保育園に配置され活躍している。現在までにVEVOには2つの効果が確認されている。
1つは、センサによる子どもの体調予測である。子どものオムツに取り付けるVセンサーは、子どもの午睡の状況を把握すると同時に、体温の推移も記録している。子どもの健康管理においては、この体温の推移がもっとも重要なデータとなっている。約2ヶ月程度、子どもの体温の推移をデータ化することができれば、子どもがいつ体調を崩すのかを把握することが可能だ。子どもの体調は急変しやすいため把握が難しい。熱はないのに元気がなかったり、元気に遊んでいるのには高熱であったり、今日は元気だったのに翌日になると急に体調を崩したりすることも珍しくない。そのため、保育士も保護者に対して適切なアドバイスをすることが難しい。また、子どもが発熱すると保育園を利用することができないため、親は仕事を休まなくてはならない。しかし、前日から体調を把握できていると、仕事の予定変更や病児保育の予約等の準備ができ、家庭環境を整える時間的余裕が生まれる。
2つ目は、VEVOによる保護者と保育士の会話量の増加である。VEVOを設置した保育園は、設置していない保育園でよりも会話量が多い。具体的には、VEVOがいない保育園では、保護者と保育士の会話が1分以下の割合が41%であったのに対し、VEVOを設置した保育園では9%になっている。これは、VEVOが子どもに話しかけることによって、保護者と保育士の会話に話題が生まれることが原因である。保護者が、保育園での子どもの情報を得る方法は連絡帳やお便りなど限られており、最も効果的な方法は、保育士から直接的に聞くことであるが、会話には何かしらの話題が必要だ。VEVOは、その話題を提供する役割を話してくれている。
さて、VEVOには、さらなる期待が寄せられている。次の段階では、子どもの発達記録の分析による個別最適化の保育の提供を期待している。保育士は年に数回、子どもが「何歳何ヶ月の時点で何ができるようになったのか」を発達記録としてCCSで管理している。これらのデータを解析すると、どの子どもに対して、どのような保育を提供することが望ましいのかを、他の子どもの状況やガイドラインに沿って導き出すことができる。保育士は、それらのデータ解析を基に、一人一人の子どもの発達に応じた保育計画を立てることができる。VEVOも、子どもに対して発達記録の話題を提供する。例えば、「上手に絵が描けたね」、「お着替えができるようになったね」、「お友達と一緒に遊べたね」といった「子どもができるようになったこと」を中心とした話題の提供だ。その上で、保育士は子どもの発達に応じた会話を通して、保護者と情報の共有を図り、意見の交換を重ねることで、互いの信頼関係が深まっていくだろう。

VEVO’s pivotal roles in daycare centers and our expectations for VEVO in the future

This chart shows the job openings-to-applicants ratio for nursery teachers from 2015 to 2019. This ratio has been rising year by year and has been consistently higher than the ratio for all other jobs. The peak for this ratio is around January because the Japanese fiscal year begins in April. Nationwide, the job openings-to-applicants ratio for nursery teachers peaked at 3.64 in 2018. However, Tokyo’s ratio was over 6.

In 2017, our Childcare Robot VEVO was developed in response to this lack of nursery teachers as a part of CCS(Child Care System) which supports nursery teacher’s desk work. Today, VEVOs are working in Tokyo, Osaka and Chiba Prefecture. VEVO plays two very important roles in our daycare centers.

The first is calculating a child’s physical condition through a V-sensor. The V-sensor which is placed in a diaper can track a child’s sleeping patterns and also any changes in body temperature. Tracking changes in body temperature is vital in calculating a child’s physical condition. Recording a child’s body temperature over two months makes it possible to grasp when a child may become sick. It is difficult to understand a child’s physical condition because it quite changeable. There are children who have high temperatures and still play as if they were healthy. On the other hand, children who don’t have a fever may not be energetic. It is not rare for a child who is energetic one day to be sick the next. Therefore, it is difficult for nursery teachers to appropriately give advice to parents about a child’s condition. Also, if a child has a high fever, parents have to take off from work until their child gets well. If they could greater understand their child’s physical condition beforehand, they can have more time to handle any changes to their work schedule and make appointments for any services which can care for a sick child.

VEVO’s second key role is to help cultivate more effective communication between parents and nursery teachers. The amount of communication in daycare centers with VEVO was higher than the amount in daycare centers without VEVO. The percentage of conversations lasting a minute or less between parents and nursery teachers in daycare centers that do not have VEVO was 41%, compared to just 9% in those which do. Nursery teachers and parents have more topics to share thanks to VEVO because VEVO can talk to children. The ways in which parents can receive information about their children in daycare centers are limited. The most effective way is to be given this information from nursery teachers directly. However, they need some topics about their children to talk about. VEVO can provide this information effectively and efficiently.

In the near future, I expect VEVO will also be able to provide individualized childcare by analyzing children’s development. Nursery teachers compile a child’s development through CCS regularly and they record what children can do at a given age. Through the analysis of CCS, information about the best childcare for each and every child can be ascertained and then provided along set guidelines with each child’s circumstances taken into account. Nursery teachers can plan childcare based on the analyzed data. VEVO provides topics about what children can do in accordance with their developmental records. For example, VEVO will tell them, “You can draw a picture very well!”, “You can get dressed by yourself!”, or “You play with your friends well!”
Nursery teachers will be able to build trust with parents by exchanging information and opinions based on their children’s development.

| 一覧に戻る