出所:厚生労働省(2018)「保育所等における保育の質の確保・向上に関する基礎資料」 p.10
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11921000-Kodomokateikyoku-Soumuka/0000207475.pdf

幼児期への教育投資の重要性は様々なところで指摘されており、政府、自治体、事業者は、共に協力して保育の質の向上により一層取り組まなければならない。
厚生労働省は、保育の質について、主に「内容」・「環境」・「人材」の3つの観点があるとしている。保育とは、養護と教育を一体的に展開するものであり、環境を通して行うと示している。
その中の1つである「環境」について、人員配置や面積等、入所者が安全・快適に生活できる広さ・構造・設備を確保しているかといった設備運営に係る最低基準の制定に着目している。
アレルギーや死亡等の重大な事故が発生しないよう、事故再発防止のための検証や研修等に努めることで、事故のない環境を通して質を高めようとしている。
こうした最低基準に対する取り組みが重要である一方で、小学校就学に向けた環境構成も重要である。保育所保育指針においても、卒園を迎える年度の子どもが小学校就学に向けて自信や期待を高めて不安を感じないような取り組みや、保育所での成長が小学校での学びや生活へとつながっていくような取り組みの重要性が示されている。
子どもたちが、小学校就学に向けて、自信と期待を持ち、そのための取り組みを保育所内で行うためにはどうしたらよいのだろうか。
それは、保育所内に小学校の教室に準じた教室を設置することである。
今まで保育所にはなかった環境が、小学校に就学した途端に現れるとなると、どんな子どもでも少なからず戸惑いはあるだろう。音楽室や体育館や家庭科室や理科室等、保育所にはなく小学校にはある環境はたくさんあるが、主に過ごす環境は一人に1つの机が整然と並んで用意された教室である。
この環境を保育所に用意することが最も望ましい。
しかし、特に都心部においては、待機児童受け入れのために平米数はギリギリの状態で設定されている。既存の保育所が、小学校就学を翌年に控えた5歳児のために保育所内に教室を設置するためには、保育所全体の定員数を減らさなければならないだろう。
定員を減らしてしまうと、待機児童問題が増えてしまうこともさることながら、特に家賃設定等の事業計画が崩れてしまい、経営そのものが傾いてしまいかねない。したがって、既存の保育所には、教室の設置という環境構成を求めることは難しい。
しかし、新設の保育所であれば教室を設置することは十分に可能だ。
最初から教室1部屋分のコストを事業計画に織り込んでおくことで、無理なく就学支援に取り組みことができる。
今後も、都心部を中心に保育所はますます設置されるだろう。新設保育所を計画する際には、従来の0〜5歳児の6部屋に加えて就学支援のための教室を設置するために、自治体も事業者も就学支援のための予算を確保するなどして取り組むべきである。

New nursery schools should have a classroom to help students become familiar with elementary school

The government, municipalities and companies have to cooperate to improve the quality of childcare because the public has taken notice of the importance of education for preschooler.
The Ministry of Health, Welfare and Labor says that there are three main childcare’s qualities; the content, environment and nursery teachers.
Also, it says that childcare is provided by integrating protection and education.
And, it pays attention to minimum standards of facilities such as proper arrangement of personnel.
The government is attempting to improve quality by providing a safe environment, by education to prevent accidents such as traffic accidents and allergies reactions to food.
Certainly, these activities are important. On the other hand, activities for supporting entering elementary school is also important.
Japanese childcare guidelines stipulate that it is important to give preschoolers courage and anticipation for entering elementary school and activities that provide growth in a nursery school become learning in an elementary school.
What should we do in the daycare center so that children can enter elementary school with courage and anticipation?
That is to place a classroom like an elementary school in a daycare center.
Preschoolers will be surprised when they enter elementary school because they have never seen an elementary school environment.
There are a lot of environments in elementary schools such as a music room, a science room and a home economics room, but the room which preschooler will first be in will be mainly classrooms which have desks and chairs.
It is ideal to prepare this environment in daycare centers.
However, daycare centers in the metropolitan in particular don’t have the space because their capacities are always full.
If existing daycare centers want to have a new classroom, they have to reduce their capacity.
If their capacity is reduced, the number of waiting children would increase and childcare companies will not be able to do their business because of rent in particular.
Therefore, nobody can require of the existing daycare centers to place a new classroom.
However, new daycare centers can include such a classroom.
If childcare companies prepared such a classroom beforehand, they can plan educational childcare reasonably because they can calculate room cost at first.
A lot of daycare centers will be located in the metropolitan area in the future.
Municipalities and childcare companies should secure a budget for classrooms when they build new daycare centers for preschoolers.