先週は大阪で2回目の内定式でした。
大阪での開催は全4回のうち今回だけです。
大阪は24名の内定者が参加してくれました。
私が話す内容はいつも同じですが、大阪の内定式だけは関東との違いについて話しました。
当社では、現在約70ヶ所の保育所を運営しています。
そのうち、58ヶ所のあい・あい保育園が関東にありますが、関西にはまだ12ヶ所なので、約5倍の差があります。
これだけの規模の差があると、運営体制から知名度まで全てが違ってきます。
まず運営体制ですが、東京オフィスは関西オフィスよりも、広さスタッフともに10倍ほど大きいです。
知名度についても、千葉県内においては圧倒的なシェアを占めているため、保育士の応募総数も多くなります。
関東では9月の時点で約450名の学生からの応募があり、78名に内定を出すことができました。(17.3%)
一方の関東では、約100名の新卒者の応募があり、今回の25名に内定を出すことができました。(25%)
良い保育園を作るためには、良い保育士が働いていることが大前提になります。
質の高い学生に応募してもらい、高い教育環境を提供し、良い保育士として成長してもらうことが必要です。
質の高い学生から応募してもらえるためにも、応募数をさらに増やさなくてはなりません。
そのためには、まずは学生に知ってもらわなければなりませんから、一定の規模は絶対に必要です。
このように一つの経営手法として規模の経済を活用しています。
世間では量より質という議論もあるようですが、規模という量は結果として応募者の資質の向上に繋がります。
いずれ大阪でも、あい・あい保育園は圧倒的なシェアを占めるようになります。
あとは、今の厳しい大阪市の運営費補助金が大阪市の現実に沿って充実すれば、よりバランスのとれた保育所経営ができるようになるでしょう。

Quantity could lead to Quality

We held our 2nd ceremony before an initiation ceremony.
The ceremony in Osaka is only one of four ceremonies.
24 new graduates participated in this ceremony.
I gave a speech with the same content as the other ceremonies but added something about the difference between Tokyo and Osaka.
We are operating 70 daycare centers today, there are 58 daycare centers in the Kanto area.
On the other hand, there are still only 12 daycare centers in Kansai area.
Each area has a different operating system and recognizability.
First, the size of each office is different, the Tokyo office (staff, office size) is about 10 times larger than the Kansai office.
In the perspective of recognizability, the number of applicants in the Kanto area is bigger than the Kansai area because we have a large share daycare center in Chiba prefecture in particular.
There were about 450 applicants in the Kanto area, and we could provide 78 job offers. (17.3%)
On the other hand, there were about 100 applicants in the Kansai are, and we could provide 25 job offers. (25%)
Producing a good daycare center is the major premise for there to be good nursery teachers.
Producing a lot of daycare centers needs high quality university applicants, we have to provide an excellent educational system to them.
It is definitely necessary to be known by many university students so that we have to have certain share in the area.
Therefore, we utilize an economics of scale as one of our business approaches.
There may be a rumor that quantity destroys quality, but actually quantity supports quality.
Before long, AIAI nursery will have a large share in the Kansai area.
And, if Osaka city provides suitable subsidies which match reality of Osaka’s situation, we could operate daycare centers well with a good balance.