私たちが開発したCCS(Child Care System)の機能の一部である保育ロボットVEVOは、システム内に蓄積された子ども達の発達記録や健康状態を分析して、子ども一人一人に向けた最適な保育を保育士に向けて提案します。
保育士は、CCSの画面に表示された分析結果を見て、どのような保育が適切なのかを判断して計画を立てます。
しかし、日本の保育業界の報酬は公定価格で決められているため、どんなに良い保育を提供しても基本的に報酬は変わりません。
仮に、日本の保育園が全て無認可だったのであれば、市場に競争原理が働くので、質の高い保育園しか残ることができないでしょう。
しかし、その一方で質の二極化も起こります。
したがって、一人一人に合わせた質の高い保育の提供が法人や保育士の報酬に結びつくような国で、このVEVOは重宝されるのではないかと思います。
VEVOが海外からの取材依頼の方が多い理由も、こうした事情が背景にあるのではないかと思います。

 

VEVO seems to be better suited for overseas

VEVO which is a part of CCS (Child Care System) is a childcare robot which can compile children’s health and develop data, and it suggests the best childcare for individual children to nursery teachers.
The nursery teachers plan the childcare from the CCS DATA.
However, Japanese childcare subsidy is determined by Japanese government, so even if the nursery teachers provide good childcare, their revenue basically doesn’t change.
If there are only daycare centers which have no license from the government in Japan, only daycare centers which can provide good childcare can survive.
On the other hand, polarization will happen.
Therefore, I think that VEVO has a value in foreign countries which don’t subsidize.
I believe this reason is why we have a lot of interviews from overseas.