イタリアから帰国しました。
ヨーロッパへの研修は何度か経験していますが、何度乗っても13時間のフライトには慣れません。

今回、初めてイタリアを訪問して、個人的に気付いたことは以下です。
・ローマは暖かかったのにミラノは寒い。(当たり前)
・ホテルには靴磨きの道具があるのに歯ブラシは置いていない。
・自販機がコインを上に向けて入れるため、買い方が難しい。
・歩きタバコをしている人が多く、喫煙率も高い気がする。
・トイレを流すボタンが異常に大きい。
・建物がお洒落。
・とにかくファッションブランドが多い。
・教会と路上駐車が多い。
・風呂場にある紐が換気扇の紐かと思ったら非常ベルの紐だった。
・ケンタッキーのチキンは日本の方が美味しい。
・マフィア社会らしい。
・スーツを着ている人が多い。
・男性の8割がイケメン。

今回、イタリアを研修先に剪定した理由は、インクルーシブ教育が法律で保障されているからです。
簡単な沿革は、1971年(法律118号)に、重度の知的障害児と身体障害児を除く義務教育を受ける子どもへの就学の保障。
1977年(法律517号)には、重度の子どもへの就学を保障し、特殊学校を廃止。
1988年(通達262号)には、高校での障害児童の入学を保障し、そして、1992年(法律104号)には、未就学から大学までの全ての障害児童の就学を保障してきた経緯があります。
ローマとミラノの複数の幼稚園と小学校を訪問し、そのメリットとデメリットをインタビューさせて頂きました。
このように古くからインクルーシブが進んでいるため、障害児が通学するために車での送迎が自治体の負担で行われたり、身体障害者の就労が企業に義務付けられていたり、日本にはない制度もありました。
その一方で、完全インクルーシブ教育であるにも関わらず、コース受講のみで特別支援教師の資格がなく、そのコース受講済みの教師の数も極端に少ない等、制度が現実に追いついていない一面もありました。
詳しくは、毎年恒例の社員総会での発表を楽しみにしたいと思います。
来年は、イギリスとオランダを選定しようと思います。

Inclusion Is Difficult

I came back to Japan. I have been to Europe several times, but I cannot get used to riding on an airplane over 13 hours. There are several things I personally noticed for the first time in Italy.
• Rome is warmer than Milan. (It’s obvious.)
• There is a shoeshine in the hotel but there is no toothbrush.
• A cord which I thought was a code to turn on a fan was an emergency bell.
• Most buildings are stylish.
• A button for toilets is extremely big.
• There are a lot of walking smokers on the street, probably the smoking rate is higher than Japan.
• It was difficult to use vending machine because I had to put a coin toward up.
• There are a lot of famous fashion shops.
• There are many churches and parked cars on the street.
• Japanese KFC is better than Italian KFC.
•80% of Italian guys are handsome.

The reason which I decided to have our observation overseeing training in Italy is Italian law protects inclusive education.
A simple Italian history of inclusive education is below.
In 1971 (law No.118), the Italian government guaranteed the educational rights of all children, excluding serious mental handicaps and physical handicaps.
In 1977 (law No.517), this law abolished schools for handicapped children and guaranteed the rights of children who have serious handicaps.
In 1988 (law No.262), this law guaranteed that all handicapped children can enter high school.
In 1992 (law No.104), this law guaranteed that all children from preschoolers to university students can enter school.
I visited several kindergartens and elementary schools in Rome and Milan and interviewed them about their pros and con of complete inclusion.
Italy has developed their inclusive system little by little, so most municipalities provided car services such as taking children to school, and companies have to employ physically handicapped people. There are some rules which there are no rules for in Japan.
On the other hand, regardless that Italy is a perfectly inclusive country, systems don’t follow reality such as there is no special educational certificates for children with special needs (teachers who take care of children with special needs don’t have certificates but they have to study about special education by going to special education course.) and these teachers are extremely lack. I will be able to hear concrete information at our internal ceremony in December. Our next observation training will be in the UK and Netherlands.