昨年からの続きになりますが、当社は参入障壁の高い認可保育園(小規模保育A型含む)のみを運営していると書きました。
いくら物件開発力が強く、採用力が強くても、教育が出来なかったら元も子もありません。
当社はライセンス制度という独自のキャリアプランを持っています。
保育士資格は、1999年まで保母資格という名称でした。
2003年11月には、国家資格として位置づけられました。
そのためか、国家資格なのに国家試験がない資格となってしまいました。
もともと、児童福祉法の第六条の十一の2には
「都道府県知事は、前条第二項各号に規定する科目のうち、厚生労働大臣の指定する学校その他の施設において、その指定する科目を専修した者に対しては、その申請により、当該科目の受験を免除することができる。」
と記載されてあります。
ちなみに、前条第二項各号に規定する科目とは、「保育原理、教育原理及び社会的養護、児童家庭福祉、社会福祉、保育の心理学、子どもの保健、子どもの食と栄養、保育実習理論」を指しています。
そこで、当社では施設長と主任に対してライセンス制度を設けることで、質の向上を図ってきました。
ライセンスでは、施設長として当然知っていなくてはならない保育園運営に必要な児童福祉法や消防法や労働法などの基本的な法律、監査項目や保育理念の理解度などの知識、職員面談やプレゼン能力などのコミュニケーション技術を求めています。
その効果は大きく、このライセンスに合格した施設長が運営する保育園は、行政監査の指摘はなく、事故やクレームの件数も極端に低いです。
次回は、ICT技術の活用について書きたいと思います。

Our career plan
Previously, I wrote about that we operate only licensed daycare centers (including small daycare centers).
Even if we have strong employment power and developing power, it is meaningless if we don’t have an educational system for nursery teachers.
Our company has an original career plan which is the license of head teacher.
Japanese nursery teacher’s license name had been called ‘Hoikushi’ until 1999.
And then, in November 2003, this license became a national license from a private license.
Therefore, Japanese nursery license became a national license which doesn’t require an examination.
So, we planned original license system to improve nursery teacher’s quality for head teachers and acting head teachers.
Our head teachers must pass this license through studying children laws, fire protection law, labor laws and auditing standards.
And they must have presentation skills and communication skills.
The results of these licenses are very effective with fewer accidents and claims in the day care centers which our head teachers who have this license operate because they already have the necessary knowledge.
next time, I will write how to utilize ICT technology in daycare centers.