前回は、当社のライセンス制度について書きました。
ライセンス試験は年に2回開催されます。
今までの保育士人生や養成校では勉強してこなかった項目を勉強しなくてはなりませんので、それなりに勉強時間を確保しなくてはなりません。
当社では、2011年に自社開発したChild Care SystemというICTシステムを導入しています。
これは、あらゆる手書きの書類をパソコンで入力し、クラウドで管理するシステムです。
例えば、園便りなどは、CCSの中にあるいくつかのデザインの中から選択して、パソコンで文章を入力して、保護者にメールで送信することができます。
手で書く時間、印刷してまとめる時間、配布する時間などが削減されます。
こうして削減できる時間は年間2600時間にも登ります。
この時間を使って、学ぶ時間を確保しています。
しかし、保育業界は、他の業界と比べてもICT技術は全く浸透していません。
1つ1つの削減時間が小さいため効果を実感できないのかもしれませんし、ICT技術によって知らないうちに削減できた時間を使って他の仕事をしだすことで効果を感じていないのかもしれません。
個人的には、教育時間を確保するために、ICT技術を取り入れるべきだと思います。
次回は、生産性の高め方について書きたいと思います。

Our company’s strong point part 5 – Utilizing ICT (internet communication technology) system

I wrote about our license system last time.
The license examination is held twice a year.
Our nursery teachers have to secure time to study because they have to study a lot of things which they haven’t studied in their past.
We introduced CCS system which we developed in 2011 to our daycare centers.
This system is a cloud system which can manage a lot of documents which nursery teachers fild out by hand previously.
For example, if nursery teachers use this system, they can make reports for parents by laptop and can send these reports to parents by e-mail.
CCS can reduce office time, such as writing, printing, compiling and distributing.
This takes over 2600 hours a year.
Our nursery teachers could secure time to study thanks to this reduced time.
However, the ICT system has not been introduced in childcare field at all compared to other fields.
Probably, they may not feel an effect because the amount of time saved in each category is small, or they may have other work using the time which the ICT system saved.
In my opinion, all daycare centers should introduce the ICT system to improve their productivity and secure for their education.
Next time, I will write about how to improve productivity.