前回は、ICT技術の活用について書きました。
様々な業界でICT技術が活用される理由は生産性の向上です。
個人的に、生産性の向上を分類してみたところ、3つのタイプに別れます。
1つ目は、高速処理型。
これは人間の能力を大幅に超えるスピードで処理するタイプです。パソコンや車や新幹線など、人間のスピードを大きく上回る技術革新によって、生産性を高めてきました。これによって移動が早くなり、例えば緊急の患者を早く病院に移送できるなど社会に貢献してきました。
2つ目は、課題処理型。
これは人間では実行不可能な課題を、先端技術を活用して解決するタイプです。CTスキャンによって体の中を見たり、顕微鏡を使ってメガネでも見えない小さな細胞や菌類を発見したりすることで、社会に貢献してきました。
3つ目は、自動作動型。
これは今まで人間が手作業で行ってきた行動を機械やセンサーを使って自動化するタイプです。例えば、自動ドアだったり、自動販売機だったり、最近では自動運転なども普及しつつあります。人間の代わりに動いてくれるため、その時間を使って別の仕事ができるようになります。
あとは、この3つのタイプの組み合わせ次第で、人間には実行不可能なことを人間よりも早く行う1と2を組み合わせた高速課題処理型の電子レンジや、人間が作業していたものを人間よりも早く自動で行う1と3を組み合わせた高速自動処理型のコピー機などの新商品が開発されてきました。
しかし、今まで無かったものが、人間には実行不可能なことを自動で行うタイプ2と3を組み合わせた自動課題処理型です。
私たちが開発しているVEVOは、保育士には実行不可能な仕事を自動で行うことができるため、まさにこの自動課題処理型に該当します。
例えば、遊んだ時間、午睡中の体温の推移や明日の健康予測などを正確に伝えることなどです。
全ての子どものこれらの情報を間違えることなく正確に伝えることは保育士にはできないことですが、利用者が知りたいことでもあります。
こうした課題をテクノロジーで解決していくべきだと考えています。

Our company’s strong point part 6 – three ways to increase productivity

The reason why many companies introduce ICT technology is to increase their productivities.
In my opinion, there are 3 ways to increase productivity.
The first is High-Speed type.
This type is high speed processing in place of human beings.
Human beings have increased productivities using technology such as laptops, cars, bullet trains, etc.
For example, this type has contributed to the society because we can take many patients to hospitals thanks to ambulances.
The second is Solution Problem Type.
This type solves problems which human beings can do with advanced technology.
For example, this type has contributed to the society with CT scans, finding cells and fungi with electron microscopes.
The third is Automatic Operation Type.
This type is to automate actions which human beings have done by hand and themselves with sensors and machines.
For example, automatic doors, vending machines and automatic cars.
Human beings can do other jobs because automatic machines do them in place of human beings.
Furthermore, there are 3 other ways to increase productivities.
For example, microwave oven which is mixed high-speed type and solution problem type is high-speed solution problem type because this type can deal with tasks which human beings cannot do at high-speed.
And, a copy machine which mixed high-speed type and automatic operation type is high-speed automatic operation type because this type can deal with tasks more quickly and automatically than human beings.
However, there are not automatic solution problem operation types yet.
VEVO which we have developed is this type mixed automatic operation and solution problem.
VEVO can automatically do tasks which nursery teachers cannot do.
For example, VEVO can tell parents about play time, body temperature during nap time and provide a prediction the next day’s health.