日本の社会福祉施設は大きく分けて児童福祉、障害福祉、高齢者福祉の3つ(保護は除く)があり、当社はこの3つの事業を営んでいます。現時点では、保育事業が全体の90%を占めていますが、今後は高齢者と障害者の事業にも積極的に投資していく予定です。その時の考え方としては、融合事業を基本としています。つまり、単体での開設ではなく、2つ以上の事業を組み合わせることで開設していく方針です。例えば、保育と高齢者の施設を組み合わせた「世代間交流施設」、保育と障害を組み合わせた「共育施設」などです。しかし、これまでも開設してきましたが、それぞれの制度が縦割りなので、予算や時期が合わないことで実現は簡単ではありません。しかし、私は、これからの日本は共生社会に向けて、事業を単独で展開するのではなく、2つ以上の事業を融合させた業態を構築していかなければいけないと考えています。融合事業のメリットはたくさんあります。例えば、同時に建てることで建築コストが20%程度削減できますし、投資回収率が高まることで、より人件費にコストを割くことができ、優秀な人材の確保に有効です。そして、ケアの内容も幅が広がります。例えば、高齢者にとっては子どもとの交流は楽しみになりますし、子どもにとっては言語能力の発達や社会性の向上が期待できますし、障害児童との交流はインクルーシブ教育そのものです。共生施設については、まだ建てたことがないので、これからチャレンジしていきます。

A fusion of Japanese welfare facilities is better
There are three types welfare facilities those for children, the handicapped and elderly in Japan. Our company has these three types of businesses. The childcare business accounts for over 90% of our entire business, but we will invest in the elderly business and handicapped business in the future. I think our strategy is fusion. Simply put, we have a policy of fusing two businesses when we establish facilities. For example, a generational community combining children and the elderly and inclusive childcare combining children and children with special needs. However, it is not easy to build these facilities because each department in the city hall has different schedules and budgets. I think the fusion of welfare business is the best strategy for an inclusive Japanese society. Fusion has many merits such as cutting about 20% of construction costs, company can hire good managers because ROI (return of investment) increases. Furthermore, the elderly people look forward to spending time with children, children can get a lot of vocabulary from the elderly and interacting with children with special needs is exactly inclusive education. I have not built an All-Inclusive Care facility, but I aim to in the future.