社会福祉業界全体の専門性や質の向上を目的に、業界の動向等について、行政や専門機関より発表された情報をもとに専門的な視点からレポートを発表しています。
アーカイブ:

No.46 児童相談所における児童虐待相談対応件数の推移及び主たる虐待者の内訳が示唆する保育士による虐待防止のための保育事業者と保育士養成校の注意点(貞松)

No.44 仕事に出る離宅時刻と仕事からの帰宅時刻が示唆するテクノロジーを活用した会話の増加の必要性(貞松)

No.43 保育ロボVEVOの有無と保護者・保育士の会話時間の差の関係が示唆する新しいコミュニケーションの形(石塚)

No.42 生活の状況への評価が示唆する保育事業者の二極化(貞松)

No.40 手のひらの感覚器官としての重要性が示唆する保育実践における触感覚利用の将来性(石塚)

No.39 「子どものことでどうしたらよいかわからなくなる」割合が示唆する保育士が専門家として保護者の「頼れる人」になる未来(貞松)

No.37 新規大卒就職者の事業所規模別就職後3年以内の離職率が 示唆する福祉事業者の規模の捉え方(貞松)

No.36 紙の内需動向が示唆する保育の記録化のためのICT研究の進化の必要性(石塚)

No.35 開廃業率の推移・国際比較が示唆するイノベーションの必要性(貞松)