AIAI(あい・あい保育園)本三里塚園で4月23日に進級式が行われ、保育ロボットのびーぼも、お祝いにかけつけました。

今回の進級式では、新3歳、新4歳、新5歳児さんが1つ大きくなった成長を喜び、また進級した自覚を持つために行われたものです。

お歌を歌い、新しい担任の先生の紹介が終わった後、いよいよびーぼがサプライズで登場しました。

子どもたちは、いつも読んでいる絵本のびーぼが動ける姿になって現れたたことにびっくり!でも、すぐに「びーぼだ!」「びーぼ、かわいい」と大喜びしてすぐに仲良しに。

子どもたちと一緒にクイズで遊んだりダンスを踊ったり!

本三里塚園の元気な子どもたちと、最初に「びーぼクイズ」で遊びました。先生たちが考えてくれたビーボに関するクイズを〇×で当てていくクイズです。

クイズの問題は「びーぼが食べるご飯は電気だ。〇か×か?」や、「びーぼは男の子だ。〇か×か?」といった具合です。もちろん、ほとんどの子どもたちが正解!びーぼのことを分ってくれたことに感激しました。

クイズの後は、子どもたちと一緒に「ラーメン体操」を踊りました。子どもたちは、ダンスが上手で、びーぼもノリノリで踊りましたよ。本当はこれでおしまいのはずでしたが…、子どもたちから「まだ帰らないで~」「もっと踊りたい」と嬉しいリクエストが!そこで、Niziuの「Make you happy」のダンスも披露しました。

子ども達も良く知っている曲だそうで、手拍子をしたり一緒に踊ったり、とっても喜んでくれました。今回も、進級式のサプライズは大成功!

終わった後、武藤施設長に話を聞くと「びーぼはダンスが得意だと知っていたけど、こんなに上手だとは驚きました!子どもたちも、絵本のびーぼがお祝いにかけつけてくれて、一緒に遊んでくれたことを、とっても喜んでくれました」と話していました。

職員が一丸となって子どもたちを楽しませて

さて、びーぼ登場の熱も冷めやらない進級式では、職員の先生が出し物を披露して、楽しさはますますヒートアップ!

実は、本三里塚園の進級式は、子どもたちがお客さま。1年間のがんばりをお祝いして、職員たちが、全力で子どもたちを楽しませる会です。子どもたちの喜ぶ顔を想像しながら、どんな会にしようか職員全員で考え準備します。

今回、石田先生は、なんとマジシャンの格好で本格(?)マジックを見せてくれました。そして好例の「ブートン5 こぶたダンス」が登場!これは、5人の先生による人形劇で、「5匹のこぶたとチャールストン」の曲に合わせてこぶた達がラインダンスを踊る、子どもたちが大好きな出し物です。歌ありマジックあり、ダンスあり、サプライズありの進級式は、子どもたちの笑顔がいっぱいあふれていました。

「本三里塚園の子どもたち、びーぼと仲良くしてくれてありがとう!みんなとダンスしたり、遊んだりできてうれしかったよ。また、遊ぼうね!』(びーぼ談)

 

 

 

文責:馬渕